この夏の予定は、「佐多の夏を楽しむ」の一択だ。

SPONSORED LINK

大きな勘違いをしていた

かざり(@kazali0617)です。

 

南大隅に移住して3か月めに突入。

平成最後の8月がはじまりました。

夏のはじまりと同時に長岡花火大会のようすがSNSにアップされ、今週末はロッキンジャパンがあるっていうじゃないですか。

いいないいな。羨ましいな。

わたしだって平成最後の夏。

25才の夏を楽しみたいのに。

 

と、大きな勘違いに気づいた

夏だ。思い出を作らなきゃ。楽しまなくちゃ。

平成最後という言葉がそうさせるのでしょうか。

「思い出を作らなきゃ」「夏を楽しまなきゃ」と焦っている自分がいました。

どこの花火大会に行こう?垂水の猿ヶ城行きたいって思ってた。

でも、彼の弟が佐多に遊びにきた金曜日の夜。

わたしは大きな勘違いをしていることに気づいたのです。

 

トライアルで買い物をしている時

彼の弟が遊びに来るということで、彼と2人で桜島港まで迎えに行きました。

そして、佐多に向かう途中に鹿屋のトライアルへ寄って、釣り竿やシュノーケル、浮き輪に花火を購入しました。

全部彼と彼の弟と3人で週末遊ぶための道具。

そして、全ての購入品はこの夏佐多を楽しむための道具でした。

 

大きな勘違いとは・・?

南大隅での移住生活3か月めに突入。

突入したけど、これってすごい勇気をふりしぼって下した普通じゃない決断なのに、わたしすごく慣れちゃってました!

佐多で2か月過ごしただけで、すでにホーム感溢れるな〜とか思い込んでいました!

 

3か月前、半年前、1年前。

佐多で夏を過ごすことになるなんて1mmも考えてなかった。予想してなかった。

予想外の未来が、今佐多で暮らしている日々なんだ。

じゃあこの夏することは決まっている。

佐多の夏を楽しむの一択に決まっている。

 

ここにいるのも何かの縁

自分自身、人に恵まれている運のいい奴だなあと思ってる。

文章が書くのが好きな、平均よりちょっと背が高い女。

大きな取り柄のないわりには、周囲の人はいい人ぞろい。

大変恵まれている。

いろんないいご縁を運んでもらっている。

 

だから、今佐多で暮らしているのも何かの縁なのだ。

未来につながる点のひとつなのだ。今ここにいるのは。

 

この夏を佐多で楽しむことも、きっと未来の何かとつながっている。

今はまだ見えないけど、いつか線で結べる日が来るのはわかっている。

 

だからこの夏は、大きな花火大会には行かないし、遠出をしたりはしない。

なるべく佐多で。

海まで徒歩1分のこの環境で楽しむ。

それが未来への投資・・のような気がするから。

 

 

 

 

 

SPONSORED LINK