【2019ねん10月のふりかえり】心身を整えておくこと、超大事。

SPONSORED LINK

夕方めっちゃ冷えますね〜

かざり(@kazali0617)です。

 

ここ数週間気持ちが焦っていて、ふりかえる時間も取れずに11月を迎えてしまいました。

しかもここ数日、日が落ちてからの冷え込みがキツくないですか…?

わたしは体調を崩しかけ鼻水が水のように滴り、お腹も水のように流れていきました…。

ということで、2019年10月のふりかえりです。

 

10月をふりかえる

10月は「いつかできたら楽しいだろうな」と思っていた仕事が実現したり、親知らずを抜いてから行けてなかった歯医者にいったり、卒業大学で講演をしたりと、ふりかえってみると盛りだくさんな1か月でした。

濃ゆい。

後半は新しく立ち上がったプロジェクトに気持ちが持っていかれすぎて、そこにPMSや生理も重なって必要以上に気持ちが落ちて、ぶっちゃけしんどかったです。

 

これまで自分が経験してきた内容に比べて関わる人がすごく多いし、しかもその多くはつかみどころがない存在。

人生には正解がない。

それはわかっているけど道も見えないような状態で、そんな中で正解っぽいものを探していくみたいな。

 

そんな曖昧な道を歩いているときに大切なことは、心身を整える(自分をご機嫌にしておく)ことと、自分の頭で考え続けること

経験がある。声が大きい。存在感がある。

そんな人が操縦する船に乗れたら、それはそれは良い航海になるだろうけど、自分で行き先を決めることはできない。

どこを目指すか。何が嫌なのか。

それがわかっているなら、誰かの船に乗るのは諦めて自分で舵をきった方がいい。

 

船長のような存在にクルーの役割をお願いするのはドキドキするけれど、自分を知っているから、そこはもう譲れないよね、と。

そんなことを再確認して、新しい道を歩きだすような。

そんな10月。

 

20代後半、やばい気がする…

合わせて久しぶりに高校の進路ばりの決断をしないといけない状況がやってきていて、正直「勘弁してください」と心が悲鳴をあげようとしています。

必要な分ともう少しだけ、コンスタントにお金が稼げたら。

あるいは、何も欲しがらない自分になれたら。

極端にないものねだりを願い出すときは、まず睡眠を取った方が良くて、今もめっちゃ眠いので、文章が支離滅裂になっています。

 

眠い。お腹も空いている。

大事な判断を下すには、あまりにも適してなさすぎるので、ひとまず今日は早く寝ます。

 

少しずつでいいはずなのに、体は20代後半を迎えていて、理由らしい言葉なんてないのに心が勝手に焦って、思考がひとりでに走り出す。

 

笑顔で「がんばります」は、そろそろお終い。

自分の頭で考えることを、放棄してはいけないのだ。

はい。そんな10月でした。

 

 

SPONSORED LINK