SPONSORED LINK

移住エントリー読んでいただきありがとうございます!

かざり(@kazali0617)です。

一つ前の記事で「南大隅町 佐多に移住しました!」と書きました。

ひとまず移住した理由と現状、これからをキーワードに1本記事にしましたが、実際に暮らし始めるまではけっこう色々ありました。

今回はその色々あった中で、5/20に開催された根占地区のドラゴンボート大会に参加した様子について書いていきます〜!

ネッピー館近くの川(名前わからなかった)で開催されましたよ〜。

 

ドラゴンボートって何?

「ドラゴンボートって初めて聞いたぞ?」という方は、一般社団法人 日本ドラゴンボート協会のHPに詳しく書いてあったのでご覧ください。

ドラゴンボートは、1名のドラマー、10名~20名の漕ぎ手、1名の舵取りで行う競技で、オープンの部、混合の部、女子の部、シニアの部、ジュニアの部など様々な競技カテゴリーで開催されており、日本各地の海や川や湖で行われている、老若男女が楽しめるスポーツです。

引用:ドラゴンボートとは − 一般社団法人 日本ドラゴンボート協会

日本ドラゴンボート協会によると、近年はニュースポーツとして盛り上がっているようです。

日本だけでなく、海外でも人気のスポーツ。

 

ドラゴンボート大会に参加!

そもそもなぜドラゴンボート大会に参加することになったかというと、南大隅町の地域おこし協力隊の円美(まどみ)さんにお誘いしてもらったから。

誘ってもらった時点で南大隅町に移住することは決まっていたので即参加を決めました。

大会といっても参加チームは根占地区の人々のみ。初心者でも大丈夫とのことだったのでけっこう楽しみにしていました。

 

しかし、ここで問題が!

なんと開会式が7:30、レーススタートは8:00からっていうじゃないですか。

はやい。はやすぎる・・。移住前からローカルに圧倒されています。

当時はまだ鹿児島市に住んでいたので前日に南大隅町に向かい、円美さん宅で一泊させてもらいました。

 

わたしが参加したチーム

この日わたしが参加した、というか混ぜてもらったチームは栗之脇と大久保のよかおごじょ達。

円美さんが住んでいる集落の皆さんで編成されたチームに混ぜてもらいました。

 

まずは自己紹介から。

全員初対面でしたが、とても話しやすい方々でホッとしました。

歩さんは撮影隊として参加。帽子は色違いです。(おそろいです)

 

レーススタート!

本当に8:00からレースがスタートしました。

とはいえはじめはメンズチームからだったのでレディースチームはちょっとだけゆっくり。

 

町の大会とはいえけっこうな人が来てました!

ちびっ子からお年寄りの方まで。地域の運動会みたいで賑やかでした。

出店も2〜3店舗出てたぞ!

 

ドラゴンボート大会は、レディース部門、キッズ部門、メンズ部門の3つに分かれて競い合います。

大人は橋から橋までの約350m(多分)を漕ぎますが、キッズ部門は半分の距離で競います。

あれ。けっこう距離が・・あるぞ・・。

 

なめてた!思った以上に体力が必要だった・・。

とうとう栗之脇と大久保のよかおごじょ達の順番が回ってきました。

濡れるので靴を脱いで、裸足でボートに乗り込みます。

あれ。けっこう揺れるぞ。

 

乗り場からスタート地点まで行くにも漕がねばならず(考えてみたら当たり前)スタート地点に着いた段階ですでに二の腕に違和感を感じていました。

だってぶっつけ本番だからね!練習なしだからね!(チームの皆さんもぶっつけ本番だったらしい)

 

巨大なドラの音がスタートの合図。

先頭の太鼓の音に合わせてみんなでオールを漕ぎます。最後尾は舵を操ります。

 

スタート直後は元気に声を出していたものの、だんだんボリュームが小さくなりました。

もうね、漕ぐのに必死。

2回レースに出場させてもらい、とてもいい思い出になりました。腕が痛かったけど楽しかった!

結果は・・まあいいじゃないですか。楽しかったんだから!(ビリです)

 

タイム的には3分半ぐらい。みんなでがんばりました〜。

 

なんだかんだ歩さんも参加した

最初はレースに参加する予定じゃなかった歩さんも、メンズチームの人数が足りないということで急遽ボートに乗ることに!

降りた後に「どうだった?」と尋ねると、「途中から笑うしかなかった」というコメントをいただきました。

2人とも翌日は腕が筋肉痛になりました!ありがとうございました!

 

なぜか我が母まで・・

レディースチームの2レース目は、なぜか母までボートに乗りました。

(「移住先の家を見たい」と南大隅町に来てた)

スタート地点、ボートの上からはいチーズ。

どの方が母かはご想像にお任せしますね。

 

会場には地域おこし協力隊の姿が!

会場には円美さんはもちろんですが、本土最南端の映画監督 山下さんもいました。

大会中ずっとカメラを回してましたよ〜。(寝癖がついたままだったらしい)

 

円美さんもレディースチームの配置決めなど動き回っていました。

 

今回の1位は10月の本大会へ

レース終了後は閉会式。

上位入賞者には大きな景品が贈られていました。

5月の大会で1位だったチームは10月の本大会に出場するとのこと。

10月は台湾や韓国などからも参加するらしく賑やかになりそうです。

見に行くぞー!

 

初めてのドラゴンボート大会楽しかった〜!

移住エントリーでも書きましたが、わたしの出身は鹿屋市。

根占までは車で40分くらいなので幼い頃にドラゴンボートを見たことはありました。

あれは多分10月の大会だったんだよな〜。おぼろげな記憶です。

 

見るのと乗るのはやっぱり違いますね。思った以上に進まないし、揺れるし、腕は痛いし。

協調性がないわたしはみんなで1つの目標に向かって進むのがけっこう苦手なのですが、ドラゴンボートは楽しく力を合わせることができました。

南大隅町に移住するとはいえ、初対面のわたしをチームに混ぜてくれた皆さんに感謝です。

 

移住前から移住がはじまっていたような。

とてもいい思い出になりました!

 

 

一部写真 有木 円美さん

 

 

 

 

SPONSORED LINK