SPONSORED LINK

こんにちは!

花ざぐるま(@asparagusu0617)です!

今回は、鹿児島未来170人会議の午後のようすをお届けします!

鹿児島未来170人会議の午前中のようすはこちら↓
「花ざぐるま」の視点からお届けする【鹿児島未来170人会議】当日レポート!午前編

午前中はオープニングと導入ワークショップがあり、6名のプレゼンターが壇上に上がりました。

昼休憩を挟み、13:30スタートです。

午後は、プレゼンテーションからはじまります。

第2部 未来プレゼンテーション(午後)

午後のプレゼンテーション1発めは、Amanicoの白畑瞬さん。

全体では7人めのプレゼンターです。

午後のプレゼンテーションもまずチームメンバー全員が登壇し、メンターがチームメンバーを紹介。

その後、プレゼンターが話しはじめます。

三味線と唄ではじまった白畑さんのプレゼンは、とても印象に残りました。

午後のプレゼンター6名をご紹介します。

午後も午前中同様、6名のプレゼンターがそれぞれの思いを話しました。

  • 白畑 瞬さん   Amanico
  • 原田 一世さん  フードバンクかごしま
  • 亀井 愛子さん  喜入子育てコミュニティKADAN
  • 中村 純也さん  旭ヶ丘園
  • 浜本 麦さん   くすの木自然館
  • 坂口 修一郎さん グッドネイバーズジャンボリー

写真と共に、当日のようすをお送りします。

Amanico
白畑瞬さん

フードバンクかごしま
原田一世さん

喜入子育てコミュニティKADAN
亀井愛子さん

旭ヶ丘園
中村純也さん

くすの木自然館
浜本麦さん

グッドネイバーズジャンボリー
坂口修一郎さん

会場で配られた資料には、プレゼンターへ送るGIFT CARDが入っていました。

1人のプレゼンが終わると、数分の時間が設けられました。
話し終えたプレゼンターが壇上から降り、次のプレゼンターが準備に入る数分です。

その間参加者たちは、プレゼンを聞いて「感じたこと・応援のメッセージ・私にできること」を言葉にし、プレゼンターに送るギフトカードを完成させました。

完成したギフトカードは、休憩中に参加者たちがじぶんの手で、出入り口近くの机に設置された箱に投函します。

箱の上には、プレゼンターを紹介するパネルが用意されていました。

投函する時は、箱の前に行列が!

参加者からのギフトカードでずっしりと重くなった箱は、170人会議が終わった後の懇親会会場で、しっかりとプレゼンターに手渡されていました!

第3部 170人未来会議(ワークショップ90分間)

12名ぜんいんのプレゼンテーションが終わった後は、90分間のワークショップ。

鹿児島未来170人会議の醍醐味でもある、会場にいる人同士がグループに分かれ、会議する時間!

ワークショップの内容は各グループそれぞれ違います。

下の写真は、プレゼンターが旗を掲げている場面。

この後、参加者はじぶんが希望するワークショップを選び、旗を掲げたプレゼンターのもとに集まります。

メイン会場の大ホールだけでなく、中ホールに移動したチームも。

170人未来会議 大ホールのようす。

ワークショップのやり方はチーム事に違うので、イスの配置や進め方はバラバラです。

170人未来会議 中ホールのようす。

ワークショップの時間は、プレゼンターだけでなく、チームのファシリテーターが中心となって、チームぜんいんが協力して参加者といっしょにワークを進めます。

そこで生まれるのは共感か、希望か、作戦か。

わたしは去年ファシリテーターとして参加し、170人会議の中で1番緊張したのがワークショップの時間でした。

はじまる前は「どんな人が来てくれるんだろう」「ぜんぜん人が来なかったらどうしよう」「時間内に辿りつきたい話までいけるだろうか」「とにかく楽しもう」「大丈夫だいじょうぶ」と不安と期待と励ましの感情でごちゃまぜに。

いざはじまると、話しを聞いて紙に残してと必死で、頭から煙が出そうなくらい脳みそをフル回転させていました。

去年のようすはこちらから↓
去年の【鹿児島未来170人会議】の当日の様子を書いたブログを公開します!

90分間のワークショップの後は、会場全体で共有。

ワークショップが終わった後は、再び大ホールに集まりワークショップの内容を全体にシェアしました。

グループ事に壇上に上がり、「どんなことを話したか」「どんなワークショップの時間だったか」を会場のみんなと共有。

全グループの全体シェアが終わった後は、近くにいる人と少人数のグループになって、「じぶんが感じたこと」や「考えたこと」などを少しだけ話します。

第4部 フィナーレ

朝10:00からはじまった170人会議。

フィナーレでは、参加者たちが付箋に「宣言」を書き、桜島が描かれた大きな紙に貼ります!

この宣言は毎年行われています。
第1回、2回の宣言はこちら↓

付箋に書いたら、前に貼られた巨大桜島に貼りにいきます。

わたしの宣言は「毎日ブログを更新する」
友人のなっちゃんの宣言は「鹿児島をはなれても、ファシリの勉強をつづける!」

今年鹿児島を離れるなっちゃんの宣言は、1番上に貼ってやりました!

参加者それぞれの宣言が、1つの紙に集まりました!

きっと来年の170人会議で再び目にすることができるでしょう。

さいごは、みんなで記念撮影!

付箋を貼り終わった後は、会場前方に集まり、記念撮影。

5番めのプレゼンター、長島大陸Nセンターの神明さんの掛け声でシャッターが切られました!
(1番前でマイクを握っている方です)

引用:かごしま未来会議 -鹿児島に「対話」と「挑戦」の協働文化をつくり未来へつなげる-

鹿児島未来170人会議、ぶじ終了!

200名を超える人が集まった2017年の鹿児島未来170人会議。

1参加者としての感想は、細かいハプニングはあったものの、大きな失敗や間違いはなく、スタッフ、参加者両方にとって意味のある時間を過ごし、「今後の1歩に繋がる何かが生まれた日」だったと思います。

会場で配られた資料にはアンケートが入っていたので、そこに書かれた反省点は来年の170人会議に活かされ、今後ますますパワーアップすることでしょう。

ここまでが、170人会議当日のお話し。

後日、番外編として以下の記事を公開する予定です。

  • 170人会議の裏側(懇親会のようす)
  • 可視化グラフィックライターのせきこさんについて
  • 某エアギタリストのエアギター動画を含めた170人会議の色々
  • わたしにとっての170人会議とは

お楽しみに!

さいごに

鹿児島未来170人会議について、午前編・午後編とお送りしてきましたが、いかがだったでしょうか。

今回書いた記事は、「鹿児島未来170人会議に参加した1人の参加者がきりとった170人会議」と捉えていただければ幸いです。

人が変われば視点が変わり、きりとる場面も変わります。

何が言いたいかというと、今回の記事を読んで「170人会議つまらなそう」「たいしたことなさそう」と思ってもそれはわたしの伝え方が下手なだけ。

もし、170人会議にマイナスのイメージを持ったとしても、来年の170人会議には参加してみてください。

鹿児島県の人口170万人の0.01%が集まり、鹿児島県のそれぞれの場所で思いをもって、何かをやっている人の話しを1日で複数人聞ける機会はなかなかありません。

170人会議のプレゼンターは、数ある応募者の中から厳選された方々なので、その貴重性は言わずもがな。

会場には赤ちゃんから、60代以上の方まで幅広い年齢の、いろいろな方がいます。
その中できっと、あなたの人生を豊かにしたり、励ましてくれたり、応援してくれる人との出会いがあるはず。

鹿児島未来170人会議。よかったら来年、どんな形でもいいので参加してみてください。

鹿児島未来170人会議のこと。

去年の【鹿児島未来170人会議】の当日の様子を書いたブログを公開します!

「花ざぐるま」の視点からお届けする【鹿児島未来170人会議】当日レポート!午前編

「花ざぐるま」の視点からお届けする【鹿児島未来170人会議】当日レポート!午後編

ごあんない

花ざぐるまってだれ?

花ざぐるまという名前の由来

ONESELF Labってなに?

はじめて書いた記事

2017年にやりたい50のこと

わたしは今日から【ブロガー】と名乗ります。

同棲について

はじめての同棲にせまい家をおすすめする精神的な3つの理由

はじめての同棲がわたしに与えた良い影響について 3つ

はじめての同棲でわかった【同棲の闇の部分】5つ

tsuKureruシリーズ

ローストビーフ

バターチキンカレー

よく読まれてます。

【鹿児島で女性として生きていくこと】について 不安と心配事

鹿児島初出店の【いきなりステーキ】で、ヒレステーキ200g食べました!!

内之浦でイプシロンロケット2号機の打ち上げを見学しました!!

【鹿児島市】 イベントなどで使える会場まとめ

【鹿児島市】 デートにおすすめご飯やさんまとめ

死ぬまでにしたいこと【バケットリスト】公開。

本日もツイート日和なり。

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら