SPONSORED LINK

こんにちは!

花ざぐるま(@asparagusu0617)です!

6/23に開催した「鹿児島アンダー30のんかた」

会場で約束した通り、10月に開催しますよ~!

参加条件は、「30才以下」ということだけ。
1987年生まれまで参加OK!(今年30才になる人、なった人まで)

前回同様、Facebookでイベントページを立ち上げたので、ご覧ください。

開催日時は未定です

開催するのは10月とは決まっていますが、日時は未定です。

「なるべく多くの方に参加してもらえたらな~」と思っているので、今回も調整さんというツールを使って、参加希望のみなさんとスケジュールを合わせます。

この中から、参加できる人が1番多い日に決定するつもりです。

というわけで、「アンダー30今回も参加したいなあ」「前回はいけなかったから、次こそは・・!」という方は、鹿児島アンダー30のんかたの調整さんで参加できそうな日に〇をつけてください。

「参加できるか微妙」の場合は、△
「この日はむり」の場合は、✕

「おもしろそう!」と思ったら、ぜひ参加してください!

もし、「わたしと初対面だから参加しづらい」「1人で参加しても大丈夫かな・・」と参加を迷い、ちょっとでも「やっぱり行きたい!」という思いが勝った場合は、ぜひ参加してください!

というのも、6月にアンダー30を開催した時の参加者は、わたしにとっては約3分の1が初対面でした。

それでもとても楽しくお話できて、楽しい時間を過ごせました!!
(前回のようすは、こちらから)

なるべく早い段階で緊張が解けるように、はじめの方で軽めの自己紹介タイムなどを設け、話すきっかけ作りはするので、「1人で参加するのは不安」という方も安心してください。

20代しかいない場だからこそ話せることや、聴けることがたくさんあるので、きっと楽しんでもらえるかと~!

場所は、鹿児島ユナイテッドのオフィシャルカフェ「ユナはん」

日時は未定ですが、場所は決定済み!

1回め同様、「ユナはん」(山之口町1-10 中央ビル地下1階)を貸し切ります!

今回も、鹿児島アンダー30のんかた開催中は、店主の田仲さんはオーバー30のため、退出していただきます。

わたし達は、安心して20代同士でしかできない話しに集中することができます。

ありがたや。

なぜ、「ユナはん」なのか?

1回めが終わった時に、「鹿児島アンダー30のんかたは、徐々に規模を大きくしていった方がよさそうだなあ」と感じました。

当日の雰囲気や、参加してくれたみなさんの反応を見て「20代だけが集まる場を作ることは、けっこうおもしろい何かに繋がりそうだなあ」と自信がつきました。

しかも、アンダー30の後に、会場で出会った参加者同士(初対面だったらしい)が後日音楽イベントを立ち上げてくれて、すごく嬉しかったです。

アンダー30がなかったら、多分立ち上がらなかったイベントだと思うので、新しい何かのきっかけになれたことは企画者冥利に尽きました。

ありがとう。

1回めの参加者は17名でした。

20代が17名集まっただけで、後日イベントが企画されたり、おもしろい繋がりが生まれるってことは、集まる20代の数が増えればもっとおもしろいことに繋がるやん!と思い、2回めは倍の30名くらい入れる場所を探さんとなあと考えとりましたが、辞めました。

鹿児島アンダー30のんかたの場所は、ユナはん。
もしかしたら、3回めもユナはんで開催させてもらうかもしれません。

ここからは、ユナはんに拘る理由について。

田仲さんが会うたびに、アンダー30の話しをしてくる

6月に開催してから、ユナはんの店主の田仲さんとイベントなどで何度かお会いする機会がありました。

そのたびに、田仲さんは「アンダー30またやらんの?」「アンダー30楽しかったよなあ」「俺、マクドで時間潰しててん(田仲さんは、オーバー30なので退出してもらってた)」とアンダー30について話しかけてくれました。

さいしょは、「この人よっぽど楽しかったんだろうな」と思ったけど、田仲さんはアンダー30自体には参加してないんですよね。

田仲さんがお店に戻ったのは、アンダー30が一本締めでお開きして、わたし達が片付けをしている時。

とはいえ、参加者は誰も帰ってなくて、せっかくだからと思って20代のみんなの前でちょっとだけお話をしてもらいました。

そんだけ。でも楽しんでもらえてたみたいです。

 

わたし達20代は(ちなみにわたしは、1993年生まれ)生まれた時から世の中が不景気だったため、割と現実的に物事を考えていているような気がします。

ゆとりだけど、悟っている。

二十数年間生きていく中で、わたし達は進学、就職と色んな選択をしてきました。

それは、「どんな場所に所属するか」の選択であり、「どんな人がいるところに身を置くか」という選択です。

もっといえば、「どんな大人がいる世界に足を踏み入れるか」の選択だったように思います。

一見すると、進学の場合のみ「どんな大人がいる世界に足を踏み入れるか」の選択が成り立つように見えます。

就職の場合は、じぶんが選ぶというより「企業に選ばれる」という形に見えるかもしれません。

「選択をしているのはじぶんではなく、じぶんが誰に、どこに選択されるか」という形。

しかし「選ばれた」ように見える時でも、いつだってわたし達はじぶんで選択してきたのです。

正しい選択だったか、間違った選択だったかは別として。

会社やバイト先など、色んな大人に選ばれて今を生きているように感じるけど、本当はいつだってじぶんが選んでいる。

「アンダー30のんかたをどこで開催するか」について考えた時に、そんなことを考えました。

表面だけ見ると、「どれだけ大人に選ばれるか」が重要に感じるけど、本当はわたし達は「大人を選ぶ側」にいるんです。

わたしは、ユナはんに関わっている大人たちが好きだから、せっかくならそこで好きなことをやりたいと思い、アンダー30の場所として選びました。

これが、1つめの理由。

ユナはんだと、「20代のみの聖域」を作れる

1回めのアンダー30が終わってしばらくして気づきましたが、ユナはんだと「20代しかいない空間」が作れます。

お店の個室とかで開催すると、料理を持ってくる人がいる。

お店に「料理を運ぶのは20代の人だけにしてください」なんて言えないから、もしかしたらオーバー30の人が料理を運んでくるかもしれない。

そうなると、20代だけの空間は作れない。

空気感の問題で、あくまで個人の主観でしかないのだけど、20代しかいない空間ってめちゃめちゃいい!

学校生活だと、同年代が固まることって多いけど、社会人になるとそんなすてき空間なかなかない。

わざとらしく作りださないと、手に入らないんだな~。

1回めのアンダー30は、神聖で、にぎやかで、ユナはんの中は、まるで20代のための「聖域」でした。

ユナはんは、店主の田仲さんが退出してくれるので20代だけの空間が作りやすい。

その点もあって、当日の食べ物は「持ち込み」にしています。
(ドリンクはユナはんが用意してくれる)

飲食店みたいに、料理をオーダーする形になると「20代の聖域」は作れないのでアウト。

だから、参加者のみなさんに持ち込んでもらうことで、意図的に20代だけの空間を生み出すことにしました。

1回めは料理を用意するのが面倒だからっていう理由で持ち込みにしたんだけどね。
今考えると、ナイスな考えだったな~。

以上、大きく2つの理由から、今回もユナはんをお借りすることにしました!

詳しくは、Facebookのイベントページをご覧ください!

基本的には、前回のアンダー30と同じ形式で開催します!

◼︎参加条件
「30才以下」ということだけ
(1987年生まれまで参加可能)

◼︎開催目的
「鹿児島の30才以下のメンバーが繋がること」
あわよくば
「楽しくてわくわくする何かに繋がること」

日時:10月のいつか(◼︎)19:00〜21:00
場所:ユナはん
人数:10~15名ほど
参加費:1500円(場所+ドリンク代)+1品もちより
もちよりが難しい方は、2500円

鹿児島アンダー30のんかた「約束の10月」

参加希望者のためのスケジュール調整は、こちらから。

疑問・質問はイベントページにコメントしてください。

 

1回め同様、楽しい時間になりますように。

よろしくお願いします~!

ごあんない

花ざぐるまってだれ?

花ざぐるまという名前の由来

ONESELF Labってなに?

はじめて書いた記事

2017年にやりたい50のこと

わたしは今日から【ブロガー】と名乗ります。

同棲について

はじめての同棲にせまい家をおすすめする精神的な3つの理由

はじめての同棲がわたしに与えた良い影響について 3つ

はじめての同棲でわかった【同棲の闇の部分】5つ

tsuKureruシリーズ

ローストビーフ

バターチキンカレー

よく読まれてます。

【鹿児島で女性として生きていくこと】について 不安と心配事

鹿児島初出店の【いきなりステーキ】で、ヒレステーキ200g食べました!!

内之浦でイプシロンロケット2号機の打ち上げを見学しました!!

【鹿児島市】 イベントなどで使える会場まとめ

【鹿児島市】 デートにおすすめご飯やさんまとめ

死ぬまでにしたいこと【バケットリスト】公開。

本日もツイート日和なり。

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら