【鹿児島県南大隅町佐多】伊座敷漁港から船で出発!初めての定置網漁 体験レポート

SPONSORED LINK

定置網でマグロを見れるとは…

かざり(@kazali0617)です。

 

「佐多について、自分なりに目一杯書いた上で引っ越すぞ」ということで、個性あふれるカカシ達の次は

佐多 伊座敷漁港での定置網漁について。

 

実際に体験したのは2018年8月なので、随分時間が経ってしまったけれど、撮った写真と当時メモしたノートを元に書いていきます。

漁どころか釣りもしたことないド素人ですが、初めての定置網漁は楽しかった。

佐多の海の魚種の豊富さに驚愕で
「一度の漁でこんなに撮れるものなの?」と、彼と共に非日常の連続でした!

船上で浮かれているわたし

 

早朝3:30に起床し、4:00に港集合。
4:30港出発からの、7:00解散。

約3時間半の記録を、写真たっぷりでお送りします〜!

 

定置網漁の船に乗ったきっかけ

去年(2018年)の夏に佐多でお祭りがあり、遊びに行きました。

焼きそばにご飯、ソーセージなど、ほとんどの食べ物が無料という、食べ物天国に衝撃を受けつつ、ありがたくお腹いっぱいに。

普段は原っぱになっている広場に設置された舞台では、かき氷の早食い大会や高校生のダンス披露などが行われました。

祭りの最後には、花火が打ち上がり
「これが佐多の夏か〜」としみじみしたのを覚えています。

甘めの焼きそばがおいしかった

 

そんな祭りの席で、今暮らしている家を紹介してくれた町のおじさんから

「明日定置網の船がでるけど、乗るかい?」という提案が。

当時のわたしは
「今年の夏は、佐多で思いっきり楽しみたい!」と考えていたので、大興奮。

【なるべく佐多で】「佐多の夏を楽しむ」の一択で正解だ。

2018-08-06

 

「釣りもしたことないのに、いきなり定置網かよ」と未知の世界にドキドキしながらも、明日を楽しみに眠りにつきました。

佐多で初めての祭りでした

 

佐多の定置網漁 体験レポート

定置網漁 体験スケジュール

こんな流れで、初めての定置網漁を体験しました!

3:30 起床
4:00 港集合
4:30 乗船、漁へ出発
4:35 1か所目 漁開始
5:15 漁終了 次の漁場へ
5:26 2か所目 漁開始
6:05 漁終了 港へ戻る
6:30 港到着、魚の仕分けや計量
7:00 終了、解散

 

集合〜乗船まで

数時間寝て、翌朝3:30に起床。4:00ごろ港へ。

真夏とはいえ空はまだ真っ暗。定置網漁の朝は早い。

街灯の下で佇む猫

 

漁師さん達に挨拶をし、ライフジェケットを貸してもらい着用。長靴は自宅から履いていきました。

海の上で何かあったらまずいので、荷物は最小限で。写真を撮るために、携帯だけポケットに入れて行きました。

軽く説明を受け、乗船。いよいよ出発です。

数時間、お世話になります

 

定置網漁とは?という方は、こちらのサイトをご覧ください。

定置網漁 – 漁業の紹介 | 漁師.jp:全国漁業就業者確保育成センター

 

出発〜1か所目の漁場へ

4:30ごろに港を出発し、10名ほどの漁師さん達と共に1か所目の漁場へ。

遠く沖の方へ出るかと思いきや、5分ほどで漁場に到着。案外近かった。

初めての定置網漁で不安でしたが、船から陸が見えていたので安心しました。

 

漁師さん達が手際よく漁の準備を始める中、わたし達は邪魔にならないスペースで見学。

定置網を囲うように複数の船が連携して、網を縮めながら魚を集めていきます。

大きく広がった、定置網

小舟に漁師さんが乗るところ

連携して漁を進めます

だんだん縮まる網

歩さんも網を手繰るお手伝い

いつの間にか縮まりきった網

引き上げたら、青いカゴの中へ

水しぶきがすごい

 

船の明かりを頼りに少しずつ網を手繰ると、だんだん魚影が見えてきました。

時々網の外に逃げようと飛び回るトビウオの羽が、暗い海の中でキラッと光って、すごくきれいでした。

 

40分くらいかけて網を縮め、獲れた魚たちは一旦カゴへ。

魚種なのか大きさなのか。

何を基準にカゴで仕分けられているかはわからなかったけど、他の魚はそのまま魚倉へ入れられているのに、1人の漁師さんは魚の首を折ってから入れていました。

注目に、注目

 

船を降りてから気づきましたが、あれは首折れサバ。鮮度を保つために、獲れてすぐの船上で首を折るそうです。

首折れサバという名前は知っていたし、食べたこともあると思うけど

「そっか。首が折れているサバだから、首折れサバなのか」と極めて当然のことを、サバの首が折られるのを目の前で見るまで考えつかなかった。

知らなくてもおいしく食べられるけど、知ることで自分の中の食体験が豊かになる気がしました。

自分の無知さって、生で本物を見た時に露呈する。体験って貴重だな、と改めて。

獲れた魚は、魚倉へ

 

4:30に港を出発し、1か所目の漁が終わったのが5:15ごろ。

続いて、2か所目の漁場へ向かいます。

 

2か所目の漁場へ

1か所目の漁場を後にし、10分ほどで2か所目の漁場に到着。

朝日が昇り、大分明るくなりました。

1か所目の漁場ではわからなかった漁師さんの動きが、よく見えておもしろい。

暗闇ではよくわからなかった魚たちの姿も鮮明です。

2か所目の網に到着

男たちの後ろ姿

 

1か所目同様に漁師さん達は、連携して網を縮めていきます。網をあげる人、獲れた魚を仕分ける人、魚倉に入れる人、網をコントロールする人。

大きな掛け声はなく、それぞれが自分の持ち場で淡々と動いていました。

連携して魚を囲う

網を機械にセット

少しずつ手繰り寄せていく

そろそろ引き上げます

魚影が見えるぐらいの距離

魚の尾びれは力強い

 

1か所目はわりと小ぶりな魚が多かった気がしますが、2か所目ではなんとマグロがかかりました。しかも3匹。

マグロ自体は何度も食べたことがあるけれど、海で泳いでいるのを見たのは初めて。ビビットな黄色がすごく鮮やかでした。

漁師さんが船の上で全身を使ってマグロを捌く姿は大迫力で、あまりの非日常に見入りました。

マグロから湧きでる血と、漁師さんの力強さに圧倒された。

マグロが網に

150cm以上ありそう

こんな光景見たことない

マグロも漁師さんもすごかった

 

その他にはトビウオやエイ、イカやシイラ、名前がわからない魚まで含めると、本当にたくさんの魚たちを見ることができました。

錦江湾の下の方に位置する佐多の海の、魚種の豊富さに驚き。

 

5:30ごろから始まった2か所目の漁場も、40分ほどで終了。

獲れたてのたくさんの魚たちと共に、港へ戻ります。

 

港へ戻り、魚を仕分ける

6:30ごろ船が戻り
「終わった〜!おもろかった〜!」と力が抜けたのも束の間、港では魚の仕分けや計量が始まりました。

船を沿岸につけ、巨大な網を使って魚を船から引き上げます。

港に戻ってきたところ

機械をコントロールしているのは、船長です

網から魚を放出

どれも同じに見える…

トビウオの羽がきれいだった

 

大型トラックが停まり、フォークリフトも登場。次々に魚が運ばれていきます。

一緒に船に乗った漁師さんの中に、佐多で時海(ときみ)というご飯屋さんを営んでいる方がいました。

時海では店主自らが漁にでて魚を仕入れ、その魚をお店で調理して提供しているとのこと。

佐多でお魚を楽しみたい時は、ぜひ。予約必須です。

木箱に魚を入れていく

光りもの達

大きめの魚たち

それぞれ仕分けたら

箱ごとに計量

氷を入れたら、トラックへ

 

仕分けの魚が減ってきて
「そろそろ終わりかな…」と思ったら、最後にマグロが引き上げられました。クレーン車のような機械で吊るされたマグロ、すごかった。

こうやって誰かが獲ってくれるから、食べられるんだよなあ。

おお…と思わず声が漏れた

マグロってこんなに大きいのか

マグロも出荷されたようです

 

30分ほどで仕分けや計量も終了。

あんなに賑やかだった港が、再び静けさを取り戻しました。

あっという間に撤収

ありがとうございました!

 

おすそわけをいただいた

前日のお祭り会場で
「クーラーボックスを持っておいでね」と言われたので持参したところ、ボックスからはみでるほどのお魚をもらいました。

全て採れたて新鮮。ピッカピカのお魚たちです。

赤いのがクーラーボックス

 

彼に調理してもらい、塩焼きとタタキ風でおいしくいただきました。

塩だけで十分おいしい。佐多の豊かさを味わいました。

捌いてサクに

アッサリで食べやすい

臭みもなく、美味でした

 

初めて定置網漁を体験してみて

去年の夏の記憶を手繰り寄せながら書いた、今回の定置網漁 体験レポート。

ふりかえってみて、改めて貴重な体験だったなあ、と。

 

当時は佐多に移住して2か月ぐらいで、まだまだ右も左もわからない不安定な状態で。

そんな中でも「これからどうやってここでの暮らしを作っていこう」というワクワク感みたいなものはあって、とはいえ何からやったらいいのかわからなくて。

そんな時に「まあ、夏だし。泳ぐか」と、佐多の我が家から徒歩30秒の海で遊ぶようになって、その時期にお祭りが開催されて、定置網漁に乗る機会をもらって。

正直佐多で暮らしていなかったら、一生乗らなかったかもしれない定置網漁の船。

移住したからこその体験だし、すごく尊い時間だったな〜と。

 

漁師のおっちゃん達の中には「この子ら誰やねん」と思った人もいるだろうけど、何も言わずライフジャケットを貸してくれて、船に乗せてくれて。

最後にはお魚までくれました。海の男たちは偉大です。

 

船上で定置網から逃げようと飛び回る、トビウオの羽のきれいさに目を奪われた時に

「この体験には、お金を払う価値がある」と思いました。

佐多の観光、漁業体験として売りだしていいんじゃないかと。

 

1人 2,000〜3,000円ぐらいで
(わたしはそれぐらいの価値があると思った)

港集合の、港解散
(駐車場はある)

クーラーボックス持参で魚のお土産付き
(氷はもらえる)

船内でのエリア上、1グループ5人以内。

漁師さんの中に佐多でご飯屋さんをやっている人がいるから、そこでのランチをつけると
+1,000〜2,000円で1人 5,000円くらいの参加費で…ってとこまで考えて

「その売り上げって誰に落ちる?」
「誰に声をかけて始めたらいい?」
「7:00に漁が終わってランチまでの時間を、お客さんはどこで過ごしたらいい?」

「値段の付け方は妥当か?」
「佐多の漁師さん達はそれを望んでるか?」
「何か問題が起こったら?責任は誰が取る?」
「保険はどうする?」

「そもそもわたしがそれをやりたいか?」

と更にグルグルと考え、結局行動することなく、佐多を離れようとしています。

 

町づくりや地域おこしという言葉をよく耳にするけど、一からやるってとても大変、としんどさの方に目がいってしまい何もできませんでした。

強いてできたのは、こうしてネットに自分の体験を言葉として残し、発信することだけ。

地域連携なんて夢物語のように遠くて、わたし個人としての情熱も大変薄かったと思います。

 

暮らしは楽しかった

しかしそんな中でも、暮らし自体は本当に楽しくて。

定置網漁を始め、これまでの生活になかった非日常な体験と、風景の数々。

見慣れないものを記録に残すことがまずおもろかったし、性に合ってた。

 

でも結局はこの町を離れる決意をして。新しい世界へのワクワクが勝っていて。

移住者って気楽で無責任だな〜と思います。

 

責任を持ちたいと思えるほどの関係を築くには、もちろん時間がかかるし、タイミングもある。

だから自分自身のことをある意味「仕方ない」と割り切っていて、でもこうやって佐多での暮らしをふりかえる記事を書くと、どうしようもない悲しさみたいな感情が湧きあがってきます。

あえて例えるならば、失恋した後のような焦燥感に近いかも。

町と移住者の関係をお見合いと表すことがあるけれど、わたしの場合はうまくいかなかったパターンです。

お互い別の人と幸せになりましょう。お元気で。

機会があればまたどこかで、です。

 

さいごに

後半ちょっとしんみりしちゃいましたが、以上、佐多での定置網漁 体験レポートでした。

佐多に関するネタはまだもう少しあるので、そちらもお楽しみに!

 

この記事が少しでも、佐多という町への恩返しになればいいなと思います。

とかいって自己満足。まあそれもいいか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます〜!

 

 

 

 

 

 

SPONSORED LINK