【まさかこんな暮らしができるなんて】お庭のすももで、シロップを作ろう。

SPONSORED LINK

南九州市 頴娃町では約10年空き家だった、築70年以上の一軒家を借りて暮らしています。

10年近く人が暮らしていなかった…と聞くとボロボロの古民家を思い浮かべるかもしれませんが、家の状態はとても良いです。

大家さん夫婦が長期休みの際にお孫さんと過ごしていたり、定期的に庭の草を刈っていたり。

近くで暮らす親戚の方がちょくちょく様子を見ていたらしく、壊滅的な痛みはなし。

 

内見では「掃除さえすればすぐにでも住めそう」と思えるほど状態のいい物件で、大家さんの家に対する優しい思いが伝わってくるようでした。

まだ暮らし始めて1か月経っていませんが、既にホッと落ち着く家になっています。

既に2回バーベキューしました

 

頴娃町の我が家の特徴

そんな頴娃町の我が家の特徴は、お庭がすごく広いこと。

家の周りを、庭がぐるっと1周しています。

 

一部はコンクリートですが、ほとんどが土。

梅雨時期に引っ越したせいか、草木の成長が恐ろしいほど早く、力強いです。

トイレの小窓から外を覗くと「あれ?あんなに茂ってたか?」と思うほど伸びるのが早い。

 

そんなお庭の中で、数種類の果樹が育っています。

以下、庭で成っている果樹の種類です

・甘柿
・富有柿
・すもも
・桃
・だいだい
・キンカン
・サワーポメロ
・びわ

出典:大家さん

 

お、多い。状態のいい一軒家を借りられただけでも奇跡的なのに、庭付き。

しかも果樹までついてくるとは…ありがたすぎる。

「季節ごとに色んな実がなるからね〜」と笑顔で教えてくれました。

こちらは立派なすももの木

 

すももが熟すのを待つ日々

バーチャル野郎こと、同居人の歩さん。なんと、すももが好きらしい。

振り返れば鹿児島市で暮らしていた時に、商店で発見したすももに興奮していたような。

移住して1週間ほどたったあたりから、たまに庭のすももをもぎっては
「まだ固い」
「もうちょっとで甘くなりそう」と待ち遠しそうにしていました。

まだ固い頃の、すもも

 

そして移住して20日ほどが経った昨日(6/25)空梅雨な令和元年ですが、明日から天気が大きく崩れそうということで、庭のすももを採れるだけとることに。

それまでもちょくちょく採っては食べて楽しんでいたのですが、あまりにもたくさんの実がついていて生では食べきれなさそう。

せっかくなので処理をして、数種類のシロップを作ることにしました。

 

庭でまさかの、すもも狩り

最初は手の届く範囲から。既に成熟が進んで柔らかい実もいくつか。

我慢できなかったのか、歩さんはその場でかじっていました。

あらかた下を取り終えたら、ハシゴを使って上の実を。

バーチャル野郎から、すもも野郎に

 

3〜5つほど密集して成る、すももの実。

熟しているからか、1つ実を取ったら反動で近くの実が落ちてしまうことも。

ボトッと勢いよく落ちます

 

自分の家の庭でまさかの、すもも狩り。

こんな体験ができるのも、ローカル暮らしのいいところだなあと思います。

持ち上げられないほどの大量のすももを獲得。

全部取りきれなかったのに、これだけの量。豊作です。

ボウルで10杯ぐらい採れました

 

洗って干す

加工するために採れた大量のすももを洗います。

1つずつキレイにする前に、まずは外の水道で一気に。

底に穴を開けて、水を流す

 

続いて台所に移動。1つずつ軸を取り、水分を取る作業へ。

これが結構大変だった。はじめは楽しいんだけど、しばらくすると単純作業に飽きがきて、手も痛くなる。

幼い頃、梅や栗を大量に処理している婆ちゃんを見ていたけど、あれはこんなに大変だったのか…。

見ているだけじゃなくて、手伝えばよかったなあ。

 

途中で米が炊けたので夕食を挟みながら、2人がかりで洗っては拭いてを繰り返す。

なんとか無事に全てが終わって、一晩室内で干すことに。

お互いに、よく頑張りました。

 

どんなシロップができるかは、お楽しみに〜!

現段階(6/26)で終わっている作業は、ここまで。

次は消毒をして瓶に詰める作業かな。まだ瓶も氷砂糖もないけれど。

 

頴娃町暮らしでは
「まさかこんな暮らしができるなんて」の繰り返しです。

地域のコミュニティに歓迎してもらえるなんて。

お向かいさんからピーマンをもらえるなんて。

自宅以外でWi-Fiを繋げて作業ができるなんて。

今回の「まさかこんな暮らしが」は、お庭で採れた果物でシロップが作れるなんて。

(まだ完成してないけど)

 

お庭にすももの木を植えて育ててくれた、これまでの歴史に感謝です。

これから同じ場所で過ごす者として、末長く味わっていきたいと思います。

今のところ考えているのは氷砂糖とすももを交互にするやつと、ブランデーに漬けるやつ。

まだ瓶に詰めてもないのに、カビてしまわないか心配です。

 

うまいことできたら報告するので、お楽しみに。

何事も気長に捉えなくては、ですね。

 

 

 

 

 

SPONSORED LINK