SPONSORED LINK

こんにちは!

花ざぐるま(@asparagusu0617)です!

みなさんは、じぶんの寿命を知りたいと思ったことはありませんか?

わたしはあります。じぶんがいつ死ぬかわかっていれば、それに合わせて人生全体の計画を立てることも可能だから。

でも現在の技術では不可能なので、じぶんで勝手に日付を決めてカウントすることにしました!

今回は、カウントダウンをはじめたきっかけと、25才までカウントダウンをする狙いについて書いていきますー!

カウントダウンをはじめたきっかけは?

Twitterでやぎぺーさんが30歳までのカウントダウンをはじめてたから!

やぎぺーさんは3月に早稲田大学を卒業後、新卒フリーランスとなり、ブログで生計を立てているプロブロガーです。

やぎろぐというブログを運営しています。

やぎぺーさんとわたしは何と同じ歳・・。

同じ歳だと気づいたのはやぎぺーさんを知ってちょっと経ってからだったんですが、気づいた時は戦慄しました。

「同じ歳でブログでお金を生み出してていいな」とうらやましかったです。ちょっとだけ嫉妬も。

しかし、同じ歳ということもあり彼のブログに書かれていることは、すっと頭に入ってきます。

やぎぺーさんが書いている【ブログ運営の教科書】70万PV収益100万を越えて分かった、個人ブログでPVと収益を伸ばす方法も購入しました。参考にさせてもらってます!

そんな彼が30歳までのカウントダウンをはじめてたので、真似してわたしもはじめることにしました!

やぎぺーさんは30歳まで。なぜわたしは25才までなのか。

理由は2つあります。
1つめは、わたしにとって30才は遠すぎたから。

さいしょは30才までに設定してカウントをはじめたのですが、2000日以上の数字がでてきて、「遠いな」と感じました。

学生の頃の夏休みのような。永遠に終わりが来ないような錯覚が起こったので5年短くし、約2年後の25才に設定し直しました。

2つめは、25才はキリが良いし、節目かなと思ったから。

25才は四捨五入すれば30才。アラサーと呼ばれる歳になります
いや、アラサーと呼ぶにはまだまだ早いと思うんですけど。

でももうすぐ25才になる先輩と話していると「もうアラサーだ」「とうとう25才だ」という話しも聞きます。

たぶん25才は女性にとっていろんなことが切り替わる歳だと思ったので、25才までのカウントダウンをはじめることにしました。

25才までのカウントダウンをはじめる狙い。

漠然と25才まで生きるのと、25才までを数字にして視える化しながら生きるのでは、目標の立て方や行動など、いろんなことが変わってきます

25才までに「こうなりたい」「あんな風になりたい」という思いがあれば尚更です。

今のわたしは25才までにこうなりたい、ああなりたいが明確に決まってはいませんが、それでもいいと思ってます。

25才までの残り時間を知っておくことが大事なので。

25才を寿命だとは考えてません。考えてないけど、人生の1つの節目として意識することは、じぶんの今をもっとキラキラさせて、ワクワクしながら生きることに繋がるはず。

だから、25才までのカウントダウンをする狙いは、今をキラキラ輝かしつつ、ワクワク楽しんで生きるためです。

25才を迎えた時に「23才のあの時もっとこうしとけばよかった」「24才のあの瞬間、こんなこともできたのに」と悔やまないように。

あなたもカウントダウンをはじめませんか?

わたしは、カウントダウンメーカーを使って作成しました。

ブックマークしていつでも見れるようにしています。

ブックマークを開くとこんな感じで表示されます。

 

やぎぺーさんの真似をして、Twitterでも表示されるようにしました。

こちらのサービスを使うとTwitterでも表示されるようになります。
Countter|あと何日?日本最大級のカウントダウン広告作成サービス

 

少しでも有意義で楽しい今を作るために、ある未来までのカウントダウンはじめませんか?

ごあんない

花ざぐるまってだれ?

花ざぐるまという名前の由来

ONESELF Labってなに?

はじめて書いた記事

2017年にやりたい50のこと

わたしは今日から【ブロガー】と名乗ります。

同棲について

はじめての同棲にせまい家をおすすめする精神的な3つの理由

はじめての同棲がわたしに与えた良い影響について 3つ

はじめての同棲でわかった【同棲の闇の部分】5つ

tsuKureruシリーズ

ローストビーフ

バターチキンカレー

よく読まれてます。

【鹿児島で女性として生きていくこと】について 不安と心配事

鹿児島初出店の【いきなりステーキ】で、ヒレステーキ200g食べました!!

内之浦でイプシロンロケット2号機の打ち上げを見学しました!!

【鹿児島市】 イベントなどで使える会場まとめ

【鹿児島市】 デートにおすすめご飯やさんまとめ

死ぬまでにしたいこと【バケットリスト】公開。

本日もツイート日和なり。

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら