SPONSORED LINK

こんにちは!

花ざぐるま(@asparagusu0617)です!

学生のころ刺激を受けたTEDのプレゼンと、「ブログについてゆるりと話す会」をはじめたきっかけと、今の状況がけっこう近くて「いいな」と思ったので、今回はそれについて。

応援してもらえるさいしょのバカになるっていいなあという話しです。

デレク・シヴァーズ「社会運動はどうやって起こすか」

デレク・シヴァーズのプレゼンテーションがTEDで1番すき。

大学2年のときに、学内のプレゼンテーションイベントで引き合いに出したのがきっかけです。

見たことない人は、3分で終わるからぜひ見てほしいです。
字幕で日本語がついてるから、英語がわからなくても大丈夫!

というか、見てくれ!

このプレゼンをはじめて見た時に「さいしょのフォロワーがバカをリーダーに変える」「応援されるっていいな」と羨ましくなりました。

1人で何かをはじめた時、それが周りに理解されないと「なんだ?あのバカ」「おかしいぞ、あいつ」って遠ざけられがちだけど、たった1人でも理解者がいれば、スムーズに進められることってあります。

今は目に見えなくても、「きっと1人理解者がいれば、世界には10人ぐらい理解者がいるはず」とも思える。

「ブログについてゆるりと話す会」も、1人の理解者がいたからはじまった。

「ブログについてゆるりと話す会」も、「ブログ仲間がほしい」というわたしの思いを聞いてくれた「こりな」という学生が、「今度ブログについて、ゆるめに話しませんか?」と誘ってくれたことがきっかけで、はじまりました。

1回めを2月に開催して、わたし含め5名が参加。

3月に開催した2回めも、わたし含め5名が参加してくれました。

今では、計8名の方が参加してくれました。

8名っていったら、デレク・シヴァーズ的には十分1つの集団といっていい。

さいしょにこりなに話した時は、2か月続けて開催できると思ってなかったし、8名も参加してくれるとは思ってなかった。

「ブログ仲間がほしい!」と声をあげたわたしにとって、こりなはさいしょのフォロワーでした。

さいしょのフォロワーのおかげで、わたしはただ「ブログ仲間がほしい!」と嘆くバカではなくなったのです。
まあ、まだリーダーと呼べるほど力はないけどね。

とはいえ、率先して「ブログ」のことを話せるようになってきたのはいい変化だよなあ。

はじめるというより、泳ぎはじめることが大事かも。

はじめるって考えると、「準備どうしよう」「誰もこなかったらどうしよう」って不安が大きくなりがちだけど、泳ぎはじめるって考えると、ちょっとゆるくなりませんか?

はじめるのは、1人じゃなくてもいい。

実際、「ブログについてゆるりと話す会」の1回めは、こりなといっしょにイベントページを作って、いっしょに参加者を募集しました。

ゆるやかに誰かといっしょに泳ぎはじめる。うまくいかなかったら休憩すればいい。
やってみて全然楽しくなかったら、立ち止まればいい。

楽しくない気持ちが一時的なものじゃないと確信が持てたら、水からあがって、別の池を探してそこで新しく泳ぎはじめたらいい。

泳ぐ池の広さとか深さとか、泳いだ池の数が多いとか少ないとかじゃなくて、その池で泳ぐこと自体が楽しめるようになりたいなあ。

さいしょは不格好な泳ぎ方だろうけど、その内きれいに息継ぎができるようになるでしょ。

 

そんな風に、人生を送りたいな。

1人が心細いときは、わたしとやりましょう!

このブログを読んで、「わたしもやりたいことがあるけど、1人だと不安」「応援してくれる人が1人いてくれたら、気持ちが楽なのに」と思った方がいたら、わたしとやりましょう!!

お問い合わせか、Facebookのメッセージか、TwitterのDMで連絡ください。

もちろん全部引き受けることはしません。
でも、わたしがさいしょのフォロワーになれそうで、なりたいと思えたらいっしょにやります!

さいごに

いっしょに泳ぎはじめてくれたこりなには、とても感謝しています。ありがとう!

わたしも誰かにとってのフォロワーになれたらいいな。

それと同時に、わたしもいろいろと突き抜けたいなあ。

さいきんはそんなことをぐるぐると考えています。

Twitter

ごあんない

「花ざぐるま」プロフィール

ONESELF Labとは?

 2017年にやりたいこと

おすすめ記事セレクション

【BASE】を使って「お手紙やさん」と「花ざぐるまレンタル」をはじめました!

【猫好き必見】 読んだらもっと猫が好きになる!猫に癒され、笑顔になれるマンガ5選!

【はあちゅう本は人生の休憩所】『まよシュー』 『とにウツ』 『半径5メートルの野望』

恋愛・同棲系 人気記事

「わたし達(わたしと彼)のいいところ」について

はじめての同棲にせまい家をおすすめする精神的な3つの理由

はじめての同棲がわたしに与えた良い影響について 3つ

はじめての同棲でわかった【同棲の闇の部分】5つ

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら