SPONSORED LINK

こんにちは!

花ざぐるま(@asparagusu0617)です!

あきこさんが帰ってきました!!

真ん中の黄色の手ぬぐいに黒いTシャツがあきこさん

あきこさんは、わたしの一大イベント「ONESELF Lab 公開研究発表会」の時に、すてきなお祝いバルーンを贈ってくれたやさしいお方です。

2週間弱過ぎた今も空気がパンパン

そのあきこさんが、先日鹿児島県三島村の竹島というところに行ってきたらしい・・!

三島村 竹島ってどこ?

三島村は、鹿児島県と種子島の間にある3つの島(竹島、硫黄島、黒島)のことを指します。

三島村には船で行くことができます。

鹿児島市を9:30に出港したら竹島には12:30に到着します。
約180分の船旅です。

詳しくはこちら→フェリーみしま運行状況|鹿児島県三島村

「フェリーみしま」のおもいで・・。

学生の頃、所属していた考古学研究室のフィールドワークの一環で、三島村の黒島に行ったことがあります。

学生時代のわたしです(調査中の写真)

黒島は鹿児島市から向かうと1番さいごに寄港します。
黒島は大里と片泊という2つの港があり、わたしが降りたのは片泊。

時間でいうと9:30に鹿児島市を出港したら。15:35に到着します。
約7時間の船旅。

大体はそうでもないらしいのですが、わたしがみしまフェリーに乗った時は海が時化まくりで、ぐわんぐわん揺れました。

船内では横になれるスペースがあるので寝てればよかったのですが、揺れる船の中では寝つくこともできず・・。

元々車酔いしやすい体質のせいもありますが、めちゃくちゃ酔いました。
おかげで黒島に向かう船内のほとんどの時間をトイレの便器を抱えて過ごしたぞ。

あれは辛かった・・。
酔いやすい体質の方は出港前に酔い止めを飲んでおくことを強くオススメします。

とはいえ、あきこさんは「特に揺れなかったよ~」とあっけらかんとしていたので、だいたいは平気みたいです。

人生最大の乗りもの酔いだったので、今でもめちゃめちゃ記憶に残ってるな~。

でも、黒島から鹿児島市に帰る船では野生のイルカを見ることができたんですよ~!ふふ。

みなさんも運が悪ければ酔い、運が良ければイルカを見ることができるかもしれませんよ~。

三島村の「大名筍」をもらった!

あきこさんの竹島でのようすは、Facebookでチェックしていました。ふふ。
竹島には行ったことないので、疑似体験できておもしろかったです。

そして、あきこさんが竹島から鹿児島市に戻ってくるタイミングで「あきこさんお帰りなさい会」の情報が!

どうしてもONESELF Lab 公開研究発表会の時のバルーンのお礼を直接伝えたかったので、会いにいきました!

あきこさんお帰りなさい会では、移住ドラフト会議でいっしょの空間にはいたけど、直接お話できなかった方がいてラッキー!あきこさんの竹島滞在記をはじめ、色んな話がきけてよかったな~。

ふわふわと楽しんでいたら、帰りにあきこさんから三島村の大名筍をいただきました・・!

やったぜ!

三島村の大名筍とは?

大名筍とは、三島村で採れる筍のことです。

三島村を構成する竹島、硫黄島、黒島ではそれぞれ「大名筍」という筍が収穫できます。
大名筍は「筍の王様」とも呼ばれており、濃厚な味と歯ごたえが特徴です。
(中略)
三島村のキセキの筍の特徴は、アクがないことです。

生で食べてもくせがなく、筍本来の甘みを味わうことができます。筍を食べ過ぎるとアクによって肌荒れを引き起こすと言われていますが、アクがないので起こりません。

食物繊維が豊富で美容効果がある食材として日常的に食すことができます。

甘みがあり、しっかりした歯ごたえが特徴で飽きずに食べられると多くの方が口にします。実際に島の家庭では、シーズンになると毎日食卓にのぼるほど愛されている筍です。

鹿児島県三島村産の大名筍|三島村産の大名筍とは-鹿児島県三島村産の大名筍

大名筍は、ふだんスーパーなんかで目にする筍と違って、細く、シュッとしています。

スタイリッシュ筍

アクがないため、調理しやすい筍です。

卵とじ丼を作った!

あきこさんからもらった日にさっそく料理しましたよ!

作ったのは、大名筍を使った卵とじ丼!

 

まず、大名筍の皮をスパッと剥きます。

スパッ。

剥けた皮たち。

左に写っている白い部分を食べます。

 

下ごしらえなしに使えるとのことでしたが、ちょっとだけ塩を入れて茹でました。

 

なべから取り出した後は、フライパンで筍を軽く炒め、水と醤油とほんだしでさっと煮て、溶き卵でとじて、ご飯にかけたらあっという間に完成です!

筍の歯ごたえと、うまみをすった卵が合わさって大変おいしい卵とじ丼でございました。

彼に「うまいうまい」と称えてもらいながら、上機嫌で完食しました。

あきこさん、ありがとうございました!

鹿児島市のスーパーでは、まず見ない大名筍!
とてもおいしかった!

いつか竹島にも行ってみたいと夢描いているので、予習ができて幸せでした。

やー、今度は酢味噌で食べてみたいなあ。

あきこさん、竹島のみなさんありがとうございました!

 

いつか竹島に行ってたべるぞー!

ごあんない

「花ざぐるま」プロフィール

ONESELF Labとは?

 2017年にやりたいこと

おすすめ記事セレクション

【BASE】を使って「お手紙やさん」と「花ざぐるまレンタル」をはじめました!

【猫好き必見】 読んだらもっと猫が好きになる!猫に癒され、笑顔になれるマンガ5選!

【はあちゅう本は人生の休憩所】『まよシュー』 『とにウツ』 『半径5メートルの野望』

恋愛・同棲系 人気記事

「わたし達(わたしと彼)のいいところ」について

はじめての同棲にせまい家をおすすめする精神的な3つの理由

はじめての同棲がわたしに与えた良い影響について 3つ

はじめての同棲でわかった【同棲の闇の部分】5つ

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら