同棲をはじめて1年3か月。わたしが選んだ彼は、やっぱり最高だったぜ・・!

SPONSORED LINK

こんにちは!

花ざぐるま(@asparagusu0617)です!

7/19で、彼と付き合って1年9か月が経ちましたー!よほほ。

ほんで、今の家でいっしょに暮らし始めてからは1年3か月が経ちました。

彼としては「あっという間だった」らしいですが、わたし的には「色んなことがあったなあ」という感じ。

これまで、同棲について何本か書いてきました。

同棲について書いた記事は、けっこう反響があります!
いろんな方に読まれているようで、とても嬉しい!ふふふ。

でも、よくよく見返してみると、同棲について最後に書いたのは今年の1月。半年も前!

あれから、色んな変化がありましたよ~。うふふ。

ということで、今回は久しぶりに彼との同棲生活について。

家事について

以前、こんなことを書きました。

1人暮らしが2人暮らしになれば単純に家事にかかる負担が2倍になります。使ったお皿、汚れた洗濯物、部屋のホコリなど。

効率化によって時間を短くすることはできますがそれには、実践と知恵が必要。

ここで2人の家事能力に差があると、家事能力の高い方はイライラが増します。

わたし達の場合は片方は1人暮らし歴5年以上、片方は1人暮らし未経験なのでとても差がありました。

お互いの家事に対する意識が違うし、片方は家事が習慣化されていません。おのずと家事能力が高い方に負担が偏り、効率の良さについても差がでます。

はじめての同棲でわかった【同棲の闇の部分】5つ

これは1月に書いた記事。
この時期は家事についてイライラする事がとても多かった。

わたしは一通り家事ができたのですが(1人暮らし歴6年以上)、いかんせん彼はイマイチでした。

理由は、彼は1人で暮らしたことがないから。

わたしも実家に住んでいた頃は、家事全般を母や祖父母にまかせっきりでした。
つまり、実家にいると家事能力は上がらない。

だから、1人暮らし経験のない彼に家事能力を期待するのは、そもそも的外れだったのです。

それなのに、半年前のわたしは常にイライラして「なんでここに置いたままなの」「どうしてこれをしてくれないの」と家事を強要するような発言ばかりしていました。

強い口調で指示ばかりされたら、恋人とはいえ嫌になりますわ。

しかも、今までやったことのないことを急に「やれ。できるようになれ」って言われても無理ですよね。
できるようになるには、時間が必要。

だから、わたしは彼の家事能力にイライラを募らせるのではなく、彼の家事能力がUPすることを待つことにしました。

彼自身、家事について話しあった時に「少しずつできるようになるから。長い目で見て」と言っていたので、信じることにしました。

そして半年が経った・・

あれから半年。
彼、すごいです。ほんとうにすごい。

ここ数か月、彼の家事能力の高さにとても驚いております。

ざっとあげるとこんな感じ。

  • 毎朝のゴミ出しを出してくれる・・!
    (わたしの長い毛がまとわりついたお風呂のネットや、生ごみまで捨ててくれます)
  • 食べ終わった後のお皿を台所にもっていってくれるように・・!
    (もっていく姿がとってもスマート)
  • 洗濯機を回してくれる・・!
    (わたしは洗濯が苦手なので助かる)
  • お皿を積極的に洗ってくれる・・!
    (わたしがお風呂に入っている隙に洗ってくれてる)

まだまだいっぱいありまっせ!

「長い目で見て」と言った彼の言葉を信じてよかった。本当に。

彼の変化に愛を感じました

やー、本当に彼の言葉を信じてよかったです。

ぶっちゃけ、わたしのことをそんなに好きじゃなかったら変わらなくてもいいんですよ。
赤の他人の願いを叶える必要なんてないんだから。

恋人だから、すきな人の願いだからこそ、叶えたくなるものです。

彼は、きっとわたしのことが好きだから、わたしが伝えたことを理解して行動に移してくれました。

それがとてもとても嬉しいし、ありがたいです。
おかげでわたし、今めちゃめちゃ幸せ。

もっともっと長くいっしょにいたいと心から思います。へっへっ。
ありがとう!

わたしが選んだ彼は、やっぱり最高だったぜ・・!

恋人との暮らしで嫌なところが出てきたら

すきな人と同じ屋根の下で、いっしょにご飯を食べて眠ることはとても穏やかで幸せです。

でも、元は他人同士。
付き合いが長くなると、だんだん嫌なところが出てきます。

もうね、こればっかりはしかたないっす。
絶対嫌なところって出てきます。

目をつぶれる程度の事だったらいいけど、片方が我慢しすぎると2人の関係にひびが入ってしまうこともある。

そんなときは

恋人との暮らしで嫌なところが出てきたら、まずは相手に伝えてみてください。

感情的になったり、相手を説得しようとするのではなく、伝えるだけ。

きっと、あなたに共感してくれるはず。

とはいえ、今日伝えたから、明日変わる!なんてことはありえません。焦りは禁物。

長い目で恋人の変化を見てください。
きっとよい方向へ変化します。

あなたの恋人は、あなたが選んだ人。
あなたが信じることで、あなたの恋人は大きな力を発揮します。

わたし自身、彼がいっしょにいてくれて、わたしの事を信じてくれるおかげで勇気をもって「やりたいこと」に挑戦できています。

「ONESELF Lab 公開研究発表会」「鹿児島アンダー30のんかた」は、彼の応援があったから実現することができました。

本当に感謝しています。

彼と付き合ってなかったら、きっと色々変わっていたと思います。

さいごに

やー、(最近はあまりしないけど)ケンカしたり、嫌なところが目についたりして、「もういっしょに暮らせねえよ!」と頭にくることもありますが、同棲は楽しいです。

すきな人の色んな姿が見れるし、わたしも色んな姿を見せられる。
すごく幸せなんだよなあ。

企画しているイベントについて相談したり、悩みも共有できるし。同棲は最高です。

時には感情に任せて爆発することも必要だろうけど、「やっぱりこいつはダメ」「何度も言ってるのに」と短期的に結果を求めるのはよくないです。

大切なものを失ってしまいます。

長すぎるものさしは、判断を先延ばしにしているだけなのでよくないけど、ある程度長いものさしで判断することは本質に近づけるような気がします。

短期的な決断は、ほんとうに大切なものを見逃してしまうよな~。

大切なものを大切にできる日々に感謝しながら、幸せな日々を過ごしたいですわ。うん。

お知らせ

noteで文章の販売をはじめました!

ごあんない

「花ざぐるま」プロフィール

ONESELF Labとは?

 2017年にやりたいこと

おすすめ記事セレクション

【BASE】を使って「お手紙やさん」と「花ざぐるまレンタル」をはじめました!

【猫好き必見】 読んだらもっと猫が好きになる!猫に癒され、笑顔になれるマンガ5選!

【はあちゅう本は人生の休憩所】『まよシュー』 『とにウツ』 『半径5メートルの野望』

恋愛・同棲系 人気記事

「わたし達(わたしと彼)のいいところ」について

はじめての同棲にせまい家をおすすめする精神的な3つの理由

はじめての同棲がわたしに与えた良い影響について 3つ

はじめての同棲でわかった【同棲の闇の部分】5つ

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら