SPONSORED LINK

「おばあちゃんの初恋っておじいちゃん?」

とつぜん、孫がおばあちゃんに尋ねました。

「初恋はねえ、おじいちゃんじゃないのよ」

困り顔で答えるおばあちゃん。
でも、孫はそんなこと気づきません。

「えー。違うの?じゃあ、初恋の人ってどんな人だった?」

おじいちゃんは朝から畑に出ていて、家にいません。

「そんなこと聞いてどうするんだい?」

ごまかそうと試みるおばあちゃんですが・・

「なんとなく気になっただけ!」

孫には通じません。

困り顔のおばあちゃんでしたが
「あなたと私女同士の秘密にできるなら教えてもいいわよ」と条件を提示しました。

2016_12_09-2_2

「秘密!守れるよ!約束する!」

孫は秘密というキーワードに目を輝かせます。

2016_12_09-2_1

「じゃあ、少しだけ教えてあげますよ」

静かなやさしい声で、おばあちゃんは話しはじめました。

「私の初恋は、2つ年上の学校の先輩だったわ。校内掃除の場所が近くて、しゃべるようになったの。同級生の子どもっぽい男の子たちと違って、すごく大人に見えたわ。背が高くて、スラっとしててね。ちょっと猫背だけど、それもかっこよかったの」

「その先輩のどこが好きだったの?」

「声よ。やさしく響く、ひくい声に惹かれたの」

「先輩とは好き同士になれたの?」

「なれなかったわ。驚くことに、先輩の好きな人は男の人だったの」

「えええ!男の人・・」

「最近は、珍しくないけどね。当時はびっくりして、何も言えなくなっちゃったわ」

「その後はどうしたの?」

「何もないわよ。男の人がすきって言ってるのに告白するのはおかしいと思って、何も言わなかった。先輩はそのまま卒業していったわ」

「えー。おばあちゃんは後悔してないの?」

「告白しなかったこと?」

「うん」

「後悔なんてしてないわよ。むしろうれしかったわ。わたしに秘密を教えてくれたことが嬉しかったの」

「先輩とおばあちゃんだけの秘密?」

「そうね」

「でも、今わたしに喋っちゃったよ」

「そう。だから、この話はあなたと私だけの秘密よ。誰にも話してはだめ。秘密っていうのは、共有した人同士をもっと仲良くさせるのよ」

「じゃあ、わたしとおばあちゃんはもっと仲良し?」

「そうよ」

「じゃあ、先輩とおばあちゃんは好き同士じゃないけど、もっと仲良しになったんだね!」

「そう。だから私は告白しなかったことを後悔してないの」

困り顔だったおばあちゃんの表情は、なんだかスッキリしています。

「わたしもいつか好きな人ができるかなー」

「そのうちね、できるわよ」

孫は眉間に小さなしわをよせると、黙りました。

考え事をしているようです。

「もしもあなたの好きな人が男の人じゃなくて、女の人だったら悩んだりしないでおばあちゃんに話してね」

「わたしの秘密を次はおばあちゃんに話すの?」

「そうそう」

「そしたらもっともっと仲良しになるね」

「そうそう」

その後、孫が誰を好きになったのかはわかりません。

でもきっと幸せな人生を送りました。

誰かと秘密を共有しながら。

仲良しになりながら。

 

ごあんない

SNSで感想を発信する場合
ハッシュタグ#花のべをつけていただけると、
作者が喜んでアクションしにいきます!

作品に対して、ちょくせつ感想をいただける場合は、
下記のなかで都合のいいツールをご利用ください。

【Facebookページ】
【Twitter】
【お問い合わせ】

ご一読いただけると幸いです

【ものがたり置き場】の注意点とお願い。

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら