SPONSORED LINK

むかーしむかし
心にたくさんの後悔を
背負ったおじいさんがいました。

2016_12_09-1_1

おじいさんの口癖は
いつもこう。

「あの時ああしていれば」
「あの時ああしなければ」

孫はいいます。
「おじいちゃんは、
何を後悔してるの?」

おじいさんは答えます。
「何を? ぜんぶだよ

「ぜんぶってどれ?」

「ぜんぶっていうのは
産まれてから今までぜんぶってことだよ」

「産まれたことも
後悔してるの?」

「そうさ。
なぜ生きてるのかもわからないよ」

眉毛は八の字に下がり
顔はシミだらけ。

手の甲はしわしわで
ところどころ黒ずんでいます。

2016_12_09-1_2

窓の隙間から
とても冷たい風が吹きました。

身体を芯から冷ます風でした。

「でもぼくは、
おじいちゃんのおかげで産まれたんだ」

おじいちゃんの目は
孫の目に吸いこまれました。

「おじいちゃんはいつも
後悔の言葉を口からだしてる。

 ぼくは毎日聴いてるよ。

 毎日聴いててある日
ぼくはこう思ったよ。

 もしかしておじいちゃんは
ずっと自分を責めてるのかなって」

孫の目が潤んできた。

「後悔だらけだったかもしれないけど
ぼくはおじいちゃんが後悔しながら
生きてくれたおかげで今ここにいるよ。

産まれることができたよ。

おじいちゃんが
産まれて生きてきた時間のなかで
何か1つでも一瞬でも違ってたら
ぼくは
ぼくとして産まれることはできなかった。

おかげで
チーズのとろけるおいしさや
焚き火を囲むときのあたたかさを知ったよ。

これからはさ
ぼくがおじいちゃんの
後悔を吹き飛ばすくらい、
いい子になるよ。

だから、おじいちゃんはもう自分を責めないで。

ぼくが産まれたことで
おじいちゃんの後悔をチャラにしてよ。

ぼくのこと、だいすきでしょう?」

孫の頬には大粒の涙が、

2016_12_09-1_3

おじいちゃんのしわくちゃな手には
じぶんの涙が。

「おいで」
おじいちゃんは孫を抱きしめました。

その夜はとてもとても寒い風が
木々を揺らしました。

ぴゅーぴゅーといつまでも。

でも、2人を包む空気だけは
いつまでも暖かく
優しく2人を包んでいました。

 

 

ごあんない

SNSで感想を発信する場合
ハッシュタグ#花のべをつけていただけると、
作者が喜んでアクションしにいきます!

作品に対して、ちょくせつ感想をいただける場合は、
下記のなかで都合のいいツールをご利用ください。

【Facebookページ】
【Twitter】
【お問い合わせ】

ご一読いただけると幸いです

【ものがたり置き場】の注意点とお願い。

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら