「ブログに書けるネタがない」ことさえも、ネタにできるか?

SPONSORED LINK

凡人と天才は、紙一重。

かざり(@kazali0617)です。

 

年明けから毎日更新を心がけていて、なんとか1週間やりきった!

 

ONESELF Labをはじめた時は、約3か月毎日更新してました。

今の自分と比べると、文章や構成のクオリティは低い。それでも毎日続けてた。

2年前の自分のことを、素直にかっこいいなと思います。

 

打って変わって今日の自分。

毎日更新を1週間やりきったことに対しては「めっちゃえらい」「やればできるやん」とスタンディングオベーションをかましているのですが、問題が。

7日間が終わり8日目の今日、まったくネタが思いつきません。

「え?何のネタって?」

 

 

 

…ブログネタに決まっとるでしょうが!

「自分天才やん!」と感激した数日後に、己の凡人さに気づいてしまうこんな自分じゃ、ポイズン。

 

…今日はもう開き直って、ブログネタがないことをネタにしようと思います。

 

ある程度ブログをやってるとねえ、こんな日もあるんですよ。

でも内なるブログを書きたい自分を抑えられないんですよ!

こんな日の積み重ねが、自分の文章力と発想力を鍛えるんですよ!

 

ブログネタとは何か?

そもそもブログネタとは何でしょうか?

みんなの頼れるグーグル先生に「ブログネタ」と尋ねると、100億件くらいヒットします。

 

1ページ目のほとんどは「ブログネタがない」「思いつかない」という人のための救済記事のようです。

みんな困ってる〜。わたしだけじゃない〜。

 

わたしにとっての、ブログネタ

わたしが普段ブログを書く時は、まずノートに向かいます。

ブログ2周年記念イベントに参加してくださったみなさんには話しましたね。

そう!下ごしらえノートです。

 

「これさえあればどんな記事でも書けるぜ!」という魔法のノート的なやつを(正確にはフォーマット)を埋めてから、PCに向かいます。

いつもは下ごしらえノートを開く前に、まず頭で「こんなこと書こうかな〜」と何となく話題が浮かぶのですが、今日は真っ白け。

 

真っさらなキャンパス。といえば聞こえはいいですが、その実何も思いついていないのです。

わたしにとってブログネタとは、下ごしらえノートを開く前に思いつく、何となくの話題のことなのですが、今日は本当に真っ白け。

 

とはいえせっかく続けている毎日更新を止めてしまうと「努力は続けないと意味ない〜」とグダグダのメンタルになりそうだったので、ひとまずノートを開くことに。

右手にフリクションペンを持って考えること、数分…。

 

もう今日はまじでダメな日みたいで、ノートも真っ白け。

これはもう今の状況を逆手にとるしかない!と半ば自棄になり、タイトルにあたる部分に「ブログを書けるネタがない」ことさえもネタにできるか?と書きました。

 

すると意外なことに書きたいことがスラスラでてきて「わ、自分やっぱり天才だったか!」と自分自身を見直したのですが…

いざPCを開き導入の部分を書いてみると、別のことを書きたい欲がムクムクっと湧きあがってきて、今はせっかく書いたノートの内容から大幅に外れたことを書いています。

 

ちなみにノートには、こう書きました。

「ネタがないのでブログに対する思いみたいなものを書いていこうと思います」

 

…こちらは今日書いて、明日公開します。

(やったー!明日のブログネタ見っけぇぇぇええええええ!)

 

ここらでよかろかい

特にオチのない記事になってしまいましたが、ここらでよかろかい。

どうですか。朝ごはんのお供ぐらいにはなりましたか。

 

いつもいつも真面目に書いてたら、頭がまっきれるので、ぼちぼちで。

こちらは最後まで読んでくれたお礼の、毛づくろいをする佐多ねこです。

 

では、また明日〜!

 

 

 

SPONSORED LINK