みうらじゅんの『「ない仕事」の作り方』を読んだら、ラブドールが欲しくなりました.

SPONSORED LINK

こんにちは!

花ざぐるま(@asparagusu0617)です!

最近、しっかり頭を働かせて、気合を入れながら書く記事が増えてきました。

イベントレポートやふりかえり記事は、書きながらけっこう体力を使います。

書き終えた後はヘロヘロになって、休憩のためにすぐPCを閉じます。

がっつりとした記事を書くのも、もちろんいいんですけど、今のわたしが1番価値を感じているのは「毎日記事を書くこと」なのです。

血肉こもった記事を何日かに1本書くのもいいけど、時にはさらっと、時には感情的に、その中でたま~にがっつりとした記事が更新される。

今は、そういうブログを目指しています。

安直に、「がっつりした記事を毎日更新したらいい」と考えがちですが、今のところそんな体力はない・・。しかも、それはわたしの目指すブログとは違うのだ。

というわけで、今回はちょっと気楽に書ける記事を書きますね。ふふ。

みうらじゅんさんの『「ない仕事」の作り方』を読みました!

みうらじゅんさんをご存知の方は、長髪でサングラスをかけてるイメージを持ってるんじゃないかな。

わたしもそうでした。そんで「怪しくて、何してるかわかんない人だな」とも思ってました。

何かのテレビで「ゆるキャラ」の生みの親というのを見て、それだけは知ってましたが、「ゆるキャラの生みの親ってなんだよ」「もっと意味不明だわ」って思ってました。

漫画家デビューしてて、イラストレーターだなんて思いもしませんでした。

 

でも、タイトルには惹かれた。「ない仕事の作り方」

知りたい。むっちゃ知りたい。

現在無職のわたしには、「ない仕事の作り方」っていうのは魔法の言葉に見えました。

 

この本の第1章は、「ゆるキャラ」の話しです。

あのねー、「まじか」って感じですよ。「ゆるキャラ」ってそんな風にして流行ったのか!という驚きと不思議さと。

当時は「マスコット」っていう呼び方が一般的だったみたいです。

今でこそ、熊本のくまモンは世界的に有名で、その他のゆるキャラも大人気ですが、それがそんな始まり方をしていたとは・・。

鹿児島にもいますよ。ゆるキャラが何体かね。伊佐市のイーサキングとかが有名かな。

「ゆるキャラ」の発祥に興味がある人は少ないかもしれないけど、「誰にも認知されなかったものに光が当たり、それが全国的に輝きだした」ということに興味がわいた人は読んで損はないです。

やっぱり原体験って、おっきいなあ

さいごのほうには、みうらじゅんさんの子どもの時の話しが出てきます。

スクラップ少年・・。ふふ。読んだ人にしかわからないよねえ。

ほんとこの人おかしいわ。

おかしいんだけど、やっぱり原体験っていうのは重要ですね。

子どもの時のスクラップが大人になってからも生きてる。

誰しも、原体験をふりかえるのは大切ですなあ。うん。

誰かとやるっていいなあ

いとうせいこうさんとイベントを開催している話しもあります。

いとうせいこうさんと言えば、わたしの世代は毎週金曜日の「天才ビットくん」の人というイメージ。

大人になってから、レキシとパフォーマンスしているのをテレビで見たり、フリースタイルダンジョンで審査員をしているのを目撃して、そのすごさを知りました。

みうらじゅんさんがカメラで撮影した写真をスクリーンに写しながら、いとうせいこうさんと話すらしいんですけど、いとうせいこうさんのつっこみのおかげで、めっちゃおもしろくなるらしいです。

「おかしいよ」「しねよ」っていうつっこみのおかげで、めっちゃおもしろくなるらしいです。

いつか見てみたいなあ。

誰かといっしょにやるって大事ですよね。

わたしも5月に、ある方とぶちかます予定です。へっへ。

ラブドールほしいな

これは、『「ない仕事」の作り方』を読む前から、「欲しい」と思ってました。実は。

読んだらもっと欲しくなりました。

みうらじゅんさんのオフィスにあるらしいっす。うらやましいなあ。

さいごに

ちょっと今眠いのもあって、めっちゃ気を抜いて書いたんですけど、この本はちょっと読まないと良さが伝わらないっす。

みうらじゅんさんの言葉をいくら変えて伝えても、あまり意味ないなあ。

とはいえ、ここまで1700文字は書いてるわ。はは。

 

さいごにこれだけ。

みうらじゅんさんの次なる「マイブーム」に乗っかって、わたしもsinceの写真を撮りました。

近いうちにSINCEが「ゆるキャラ」的な知名度になるかもよ。

過去を知り、未来を作りたい方はぜひご一読を。

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら