【カードキャプターさくら クリアカード編】を1ページ開いただけで、あの頃のじぶんに戻った。

SPONSORED LINK

あのカードキャプターさくらが戻ってきたぞ!!

昨日、アミュプラザの本屋さんに行ったら発売されてました!
ほんとは、12/2発売なんだけど、当日TSUTAYAには置いてなかった・・。

鹿児島県の「まじかよー。シクシク」ポイントは、新刊の発売日が遅れるところですね。
どうしても待ちきれない時は、Amazonで買っちゃいます。

昨日、アミュの本屋さんに置いてありましたが、なんと、特装版のみ!
通常版は12/5(月)というポップがありました。

買うのすごく迷いました。
「ちょっと冷静になろう」と、一度は棚から離れました。
特装版と通常版では、値段が2000円違うのです・・・。

   

特装版には、付録がついているのでお高いのです。

漫画が読みたいだけで、付録が欲しいわけじゃないわたしは、すごく悩みました。
2000円あれば、文庫小説3冊は買えるし、BL漫画が2冊は買えるし、キャベツにいたっては10玉は買える。

でも同居人の「欲しいんだったら買えば?」という言葉に「そうする」と考えるより先に声が出てしまったのでカードで購入しました。
うぅ。今日まで待てなかった・・。

なんでそんなに悩んだかというと、わたしが初めてじぶんのお小遣いで買った漫画が『カードキャプターさくら』なのです。

全巻揃えたし、イラスト集も持ってたし、クロウカードのおもちゃも買ってもらってたし、南日本新聞で封印の杖と、フライバージョンの羽根つきの杖も作ってたし。
小さい頃、大好きだったのです!

さんざん迷った挙句、最終的に「買おう!」とじぶんを納得させたのは「小学生の時のわたしだったら、ぜったい特装版を欲しがるだろうな」と思ったからです。
金額うんぬんではなく、純粋に欲しいと思うだろうから、今日はその気持ちを汲んであげました。
ふふ。

 

帰宅後、付録を確認すると、すげかった!!

うんだもしたん、なんやこれ!!

 

以下、カードキャプターさくら クリアカード編(1) 特装版 (講談社キャラクターズA)より引用。

「カードキャプターさくら」の世界に、なかよしふろくで大好評のまんが家セットが登場!さくらカラー満載の『水彩色えんぴつ』、『封印の杖型コミックペン』クリアカード編の名シーンを再現した『なぞるだけ原稿用紙』、『クロウカード型トレース台』、キーアイテムやお花が入った『さくらオリジナルスクリーントーン』、なぞるだけでいろんなケロちゃんが描ける『ケロちゃんステンシル』など超もりだくさん!

 

購入した方の最初の感動を奪うのは忍びないので、写真はのっけません。

ただ、子どもの時のわたし以上に、今のじぶんが嬉しかった!
すげー、セットでした!

2000円違うのも頷けました!
買ってよかった!!

肝心の漫画のほうは、まだ読んでません・・。

1ページ開いて、中の表紙を見た瞬間に「絵がなにも変わってない!あの頃のまんますぎる!」と懐かしさの強風が吹いて、耐えられなかったです。

あのー、小学生の時に好きだった男子(女子)に同窓会で会ったら何も変わってなくて、うまく話せないみたいなあの感じ!

 

漫画の方は、もうちょっと時間を置いてから読もうと思います。
懐かしさに耐えきれんんんんんん。

はー、カードキャプターさくらと同じ時代に生きててよかったです。
作者のCLAMPのみなさんにも感謝です。

カードキャプターさくらと同じ時代に生きたあなた、一緒に懐かしさに悶えましょう。
小狼、出てくるみたいっスよ・・。

ごあんない

花ざぐるまってだれ?

花ざぐるまという名前の由来

ONESELF Labってなに?

はじめて書いた記事

2017年にやりたい50のこと

わたしは今日から【ブロガー】と名乗ります。

同棲について

はじめての同棲にせまい家をおすすめする精神的な3つの理由

はじめての同棲がわたしに与えた良い影響について 3つ

はじめての同棲でわかった【同棲の闇の部分】5つ

tsuKureruシリーズ

ローストビーフ

バターチキンカレー

よく読まれてます。

【鹿児島で女性として生きていくこと】について 不安と心配事

鹿児島初出店の【いきなりステーキ】で、ヒレステーキ200g食べました!!

内之浦でイプシロンロケット2号機の打ち上げを見学しました!!

【鹿児島市】 イベントなどで使える会場まとめ

【鹿児島市】 デートにおすすめご飯やさんまとめ

死ぬまでにしたいこと【バケットリスト】公開。

本日もツイート日和なり。

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら