SPONSORED LINK

ONESELF Labにようこそ!

ブログ運営者の、花ざぐるま(@asparagusu0617)です!

いつもONESELF Labをご贔屓いただき、ありがとうございます。
読んでくれるみなさんのおかげで、ワタクシ、ラジオに初出演しました!

ありがとうございます!ありがとうございます!へへ。

出演したのは、フレンズFM 3/23の18:30~「私の本棚」というコーナーでした。

ラジオに出演するなんて23年間生きてきて初めて!
テレビは学生の時に、何度か見切れたことがあります。ふふ。

や~、ラジオに出演できるなんてわたしにとっては、一大事です!

一大事なので、3部作でお届けします。ふふ。

今回は、第1部。ラジオ出演が決定した時の心境と、当日までの準備のようすをお送りいたします。

とつぜんの出演依頼

ラジオ出演したのは、3/23。出演依頼をもらったのは、1週間前の3/16でした。

夕ご飯の準備のため、台所で野菜を切っていたわたしのiPhoneに、某氏からとつぜん「フレンズFMの番組、出れない?」と最高のメッセージが!

しかも、「ブロガーとして」という、またとないチャンス!!

速攻、「うぉー!でます!!」と返信させていただきました。

ラジオなんて出演したことなかったけど、出たいと願ってたから!二つ返事でOK!

2017年にやりたい50のことにも、鹿児島のラジオに出演するって書いてるぐらい、出てみたかったのです!

今ふりかえってみると、「こわい者知らずだなあ」ってちょっと感心します。

無鉄砲って怖いですね。ほほ。

 

「私の本棚」というコーナーに出演ということで、おすすめの本を1冊もっていくことになりました。

本の選定

我が家には本が300~400冊ぐらいあります。その中から、1冊だけをスタジオへ・・。

迷うと思いますね? いえ、すぐに決まりましたよ!

選んだのは、福永耕二さんの『福永耕二 俳句・評論・随筆・紀行』です!

学生時代に出会った、わたしにとって大切な1冊です。

この本を選んだ理由は、2つ!

  • 福永耕二さんが、鹿児島県出身だから
  • 福永耕二さんを、鹿児島の人に知ってほしいから

 

福永耕二さんは、鹿児島県の川辺出身の俳人です。
ラ・サール高校に入学後、鹿児島大学を卒業。

高校生の頃から俳句を詠み、同級生に教えていたほどの俳人です。
しかし、主に中央、都会の方で活躍された方なので、鹿児島の人でも福永耕二さんを知っている人は少ないです。

鹿児島出身の方なら、鹿児島のラジオにぴったりだと思って、選びました。

当日もっていったら、パーソナリティのお2人はご存じなかったので、しめしめでした。へへ。

『福永耕二 俳句・評論・随筆・紀行』は、俳句以外にも福永耕二さんが書いた文章がたくさん載っています。

ここで書くと長くなってしまうので、この本については別の記事で書くとしよう。

同じ本はなかったですが、句集ならありました。
気になる方は、ぜひ読んでみてください。

当日スタジオで、「どうしてこの本がおすすめなの?」「どの部分が気に入ってるの?」と質問された時に、すぐに答えられるように、すきなページに付箋をつけて、お気に入りの文章にマーカーを引きました。

本の準備は、万端です!

とりあえず、ラジオを聴く数日

本の選定は、出演依頼をもらった翌々日ぐらいには完了したので、それからは「とりあえず、ラジオを聴く日々」を過ごしました。

耳をね、慣らしておかないとね。うん。

声に出して練習まではしませんでしたが、頭の中でなんどもシミュレーションをしました。

こう質問がきたら、こう返して。こう返したら、こう話して。
正解のない質疑応答を、悶々と。頭の中でくりかえしました。ふふ。

生放送で限られた時間で話せることなんで、たかが知れてるかもしれないけど、「精一杯その場を楽しみたいなあ」とわくわくしてました!

当日編へ!

出演依頼をもらってから、当日までの1週間は「本の準備」「気持ちの準備」をして過ごしました。

や~、大袈裟っちゃあ大げさですが、なんせ初めてなもんで。
知らない世界って楽しみだけど、ちょっと不安もあったりで。

できる範囲の準備はしていきました。

あ~。ふふ。

続きは、第2部!ラジオ出演編で!

 

おたのしみに!!

よく読まれてます。

はじめての同棲にせまい家をおすすめする精神的な3つの理由

鹿児島初出店の【いきなりステーキ】で、ヒレステーキ200g食べました!!

内之浦でイプシロンロケット2号機の打ち上げを見学しました!!

【鹿児島市】 イベントなどで使える会場まとめ

【鹿児島市】 デートにおすすめご飯やさんまとめ

死ぬまでにしたいこと【バケットリスト】公開。

 

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら