SPONSORED LINK

やっほい!

かざり(@asparagusu0617)です。

お久しぶりです。

ブログの更新率上げるとか言っといて、中々波に乗れてない。

ああ。

最近は、YouTubeを見ること(乃木坂46、欅坂46、Fischer’s-フィッシャーズの動画がだいすき!)と、どうぶつの森にハマっています。

どうぶつの森は中学生の時にDSで遊んでました。

家にGが出て、海の近くにラフレシアが咲いていたことを覚えています・・。

20才過ぎてまさかスマホで遊べるようになるなんて想像もしてなかった・・!

楽しい時代に生まれてよかったなあ。

今年はけっこう新しい経験の年だった!

今年はけっこう新しいことに挑戦しました。

「自分なんもしていないや」と思う日々だったけど、ふりかえると色んなことやってた!

かざりとゆるりと話す会を開催したり、ブログの半年記念のお祝いイベントをしたり、ラジオに出させてもらったり、取材に行って記事を書いてお金をいただいたり、地域に中期滞在したり。

色んな人のおかげで、新しい景色を見せてもらったなあ。

皆さま、いつも本当にありがとうございます!

そんな中で、最近思っていることがあります。

同年代のパワーってすごいや

今年挑戦したことの中での、特に印象に残っているのが鹿児島アンダー30のんかたです。

参加できるのは、鹿児島の30才以下のみ!

6月と10月の2回開催して、1回めは17名。
2回めは10名が参加してくれました。

参加してくれてありがとう!

アンダー30には、元々知っている人も参加してくれたんだけど、半分くらいは初対面。

参加者同士が繋がっていて、久しぶりの再会!みたいなシーンはけっこうあったけど、わたしとは初めまして!という方がけっこう多かった。

すごくすごくありがたいです。

というのも、わたし自身、学生時代から年上の方と過ごす時間が多くて(インターンだったり、研究室だったり)同年代の繋がりというのがほとんどなかったです。

大学ではサークルにも入ってなかったので、同じ歳で友達になったのは両手でおさまるくらい。

学生の頃から常々、同年代の友達が欲しいなあと思っておりました。

そう思った時に作れたらよかったんだけど、その時は年上の人と喋っている方が楽しくて。
(なんとなく同じ歳の人がみんな馬鹿に見えていた時期があった)

でも、ある時「鹿児島の20代と繋がる場を作ろう!」と閃きました。

大体は、ワンラボ発表会に基づいてああだこうだ話し、その中で「鹿児島の20代で何かしましょうよ」みたいなキーワードが飛び出して、盛り上がった。

どんな盛り上がりかというと、他の2人についてはわからないけど、わたしの中ではグツグツと。でも、ふわっともしていて、心地よく高揚しました。

「鹿児島アンダー30のんかた」はその次の日に閃きました。

鹿児島の30代以下で集まって、のんで、話しをする。
いいじゃない。

何かわくわくするじゃない。

鹿児島の30才以下が集まる【鹿児島アンダー30のんかた】で楽しいことやりませんか?

数字で見るとたった2回の開催だけど、そこで得たものはすごく大きかった!

同年代って最高だ

アンダー30については、色んな思いと思惑があります。
(そこは図式化と、データ整理をしてわかりやすく伝える形にせねばな。)

その色んな思いの1つに、「大人がグループで楽しそうなことをしているのが羨ましかった」があります。

大きめなイベントの時に、◯◯ベースの大人たちが親しそうに話してたりとか、◯◯アックスの方達が1つのメディアを運営していたり、◯◯ラボが桜島でみんなが喜ぶことを企画していたり。

そういうのが全部全部うらやましかったっす!ぶっちゃけ!

「わたしも同年代の友達欲しい!そこでわたし達らしい楽しい遊びを作りたい!」という思いが爆発して、思い切って開催した部分もあります。

そんな思いを持っていたからか、運の良さか神様のおかげか、アンダー30に来てくれた20代はよか人ばっかりでした!

1対1で話しても楽しいし、グループで話してもめちゃめちゃ楽しい。

同じ20代とはいえ、それぞれ身をおいている環境も違うし、考えていることも違う。

それを知れることが今はとても楽しいです。

今後の20代をお楽しみに。

アンダー30の出会いのおかげで、大げさかもしれないけれど、自分の命の使い方を見つけたような気がしてます。

会社を辞めてから
「この有り余った命はどう使ったらいいのか」
「わたしの人生の使命はなんじゃろか」

悶々としてましたが、やっとそれを見つけられたような気がするぞい。

今はまだ具体的なことは話せないけど、鹿児島で20代のみんなとおもしろい事が起こせそうです。

ふふふ。

お楽しみに〜!

お知らせ!!

彼との2年記念を祝して、ミニクラウドファンディングに挑戦中です!

「同棲記事楽しく読んでるよー!」
「これからもブログ運営がんばって!」という方は、ぜひ応援よろしくお願いします!

(1口300円から支援できます。)

クレジットカードかデビットカードでご利用いただけます〜!

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら