SPONSORED LINK

便利な時代になりました。

食材を把握してくれる冷蔵庫に、ロボット掃除機。
洗濯機は乾燥まで請負い、とうとう畳んでくれる機械まで一般に普及しそうです。

 

便利な機械が働いてくれるおかげで、今まで家事に使っていた時間を他のことにまわせます。

 

これからよりクリエイティブな時代に突入していくでしょう・・・。

 

 

そんなIT化が進む世界のはじっこで、我が実家はいまだに薪でお風呂を沸かしています。

 

2016_11_18_2

 

我が実家の薪置き場。

 

実家に住んでいる時は薪で風呂をわかすことは、あたりまえのことだったので、特に何も思っていませんでした。

ONESELF Labを更新する中で、「何かブログネタないかなー」と考えていた時に「うちの実家って薪で風呂たくわ」と発見し、こうして記事にしてみました。

 

この薪はどこからきた薪だ?

ちょっと家の人に確認をとってないので、正確な情報ではないんですが・・。

じいちゃんが山から取ってきてます。

小さい頃何度か、遊びにいった家があり(たぶん、ひいじいちゃん・ばあちゃんの家)その裏には山というか、林というか、とにかく木がたくさん茂っていて、たぶんそこから持って来ています。

土地的には、うちのものなのかな?
そこで畑もやってたから、たぶんうちのものです。

今は猿がぜんぶ食べちゃうから、何も育ててないって言ってましたが・・・。

 

薪で沸かす風呂あるある~!

薪風呂は、湯船に入るときに底に板をしいて入ります。
薪で沸かすと底が熱すぎて座ることもできないので、必須です。

 

うちの風呂は底に焦げた跡があります。

ふだんお風呂はじいちゃんが沸かすんですが、ある日かーちゃんが沸かしたそうです。

じいちゃんは慣れているからそんなことはしないんですが、かーちゃんは慣れてなかったらしく、薪を燃やしすぎて底を焦がしてしまったらしいです。

(この話はばーちゃんに教えてもらいました)

今思えば、空焚きしちゃったんでしょうね。

それ以降も、じいちゃんが沸かした時はちょっと水を足せば適温になるんですけど、かーちゃんの時は水を大量に足さないと入れませんでした。

※ちなみに私はやったことがないので(危ないからと近づかせてもらえなかった)、難しさはわかりません。

 

最後に動画をお見せします。

以前帰省した時に撮った、風呂を沸かすじいちゃんの姿を納めた動画があるのでお見せします。

じいちゃんは70代後半です。

 

冬場はこたつからビクともしないじいちゃんですが、どんなに寒くても風呂を沸かしてくれます。
洗濯もしてくれます。

 

では、どうぞ!!

 

 

もう1つ実家について

他にも我が実家は、徒歩3分のところに畑を借りていて、ばーちゃんが主に野菜を育ててます。
かーちゃんによると、「野菜は畑で採れるからほとんど買わない」だそうです。

すてき。

 

なんか実家のこと書いてたら帰りたくなったな~。
会社を辞めてからは情けないやら恥ずかしいやらで、まったく連絡できていません。

実は、このブログでいつか収益を出せたらと思っています。
むずかしいことは理解しているつもりです。

がんばらねば。

以上、我が実家自慢でした!!!

ごあんない

花ざぐるまってだれ?

花ざぐるまという名前の由来

ONESELF Labってなに?

はじめて書いた記事

2017年にやりたい50のこと

わたしは今日から【ブロガー】と名乗ります。

同棲について

はじめての同棲にせまい家をおすすめする精神的な3つの理由

はじめての同棲がわたしに与えた良い影響について 3つ

はじめての同棲でわかった【同棲の闇の部分】5つ

tsuKureruシリーズ

ローストビーフ

バターチキンカレー

よく読まれてます。

【鹿児島で女性として生きていくこと】について 不安と心配事

鹿児島初出店の【いきなりステーキ】で、ヒレステーキ200g食べました!!

内之浦でイプシロンロケット2号機の打ち上げを見学しました!!

【鹿児島市】 イベントなどで使える会場まとめ

【鹿児島市】 デートにおすすめご飯やさんまとめ

死ぬまでにしたいこと【バケットリスト】公開。

本日もツイート日和なり。

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら