SPONSORED LINK

日々、ブログを更新するなかで、文章に関して自分のいやなところや弱いところが気になってきました。

 

5つ上げるとしたら、こんな感じ。
・接続詞が無駄に多い(それ、その、それまで など)
・文の終わりが同じ言葉を使いすぎてる(思いました、考えました 系)
・似た表現を使いまわしている
・形容詞に頼っている(嬉しい、楽しい、(だいs!)美しい)
・句読点を打つ位置がおかしいような気がする

 

というわけで、中でも1番気になっている形容詞に頼っている問題をなんとかしようとノートに向かいました。

 

形容詞に頼らないために、自分なりの表現を見つけるぞ

意気込んでノートに向かい、書きやすい万年筆を持ちました。

s_5223566760291

出てこない・・・。
いきなり書き出すのはむずかしそうだ。

 

 

そもそも自分なりの表現とはなんだ?という問いからはじめることに。

答え。
書いている時の感情にしっくりくる表現であり、書いていて不快感がない表現。

 

なぜ自分なりの表現ができないのか?
(ここが見えてくると、形容詞に頼っている問題に光が差すはず!)

答え。
表現するための言葉のストックが足りないから。ないから。

 

じゃあ、ストックを創ろう!

まずはポジティブなイメージを嬉しい、楽しい(だいs)、などの言葉を使わずに表現できるように、書き換えました。

s_5223461246868

40個ほど!

書き換えた表現も、どこかで見たことあるっちゃあるような気がしますが・・・。

安易に楽しいと書くよりは、心が躍る~、スキップしそうな~、と書いた方が、より自分らしく在れるような気がします。

 

ネガティブワードとか、もっと日常的に使っている言葉を書き換えてもおもしろそう。

何にしても語彙力が足りないと痛感し、いい勉強になりました。

精進します!

SPONSORED LINK

ワンラボを作ってる人

kazaguluma
生まれも育ちも鹿児島県。

新卒入社した会社を3か月で退職。
その後、引き籠り。

「このままではダメだ!」と思い、
2016年11/9にONESELF Labを作る。

少しずつ「楽しくて、変なこと」を
実践しております。

詳しいプロフィールはこちら